HKT48兒玉遥「涙が出そう」 サプライズプロポーズに感動
HKT48の4月13日発売、7thシングル『74億分の1の君へ』のミュージックビデオ撮影は、 日本最高峰 富士山の麓で、「HKT48 LOVE Fes in FUMOTOPPARA」と題した、架空の野外音楽フェスを舞台に行われた。 「HKT48と愛を奏でよう!」と、ギターやカスタネット、タンバリンなど思い思いの楽器を持参した、応募抽選で選ばれた1000名のエキストラが「HKT48 LOVE Fes in FUMOTOPPARA」会場の入口ゲートを入場する所から、ドキュメンタリの様な撮影がスタート。 音楽フェスさながらのリストバンドとネックストラップ入りのフェスガイドも配布され、入口ゲートから10分ほど歩いて会場に到着すると、キャンピングカーから、HKT48の16名の選抜メンバーが登場し、センターステージを中心とした5つのステージに別れて、歌いながら駆け上がると、本物の音楽フェスの様に大きな歓声が上がった。 またこの曲は、HKT48初のウェディングソングで、撮影中盤で指原莉乃が「今日は彼女に内緒で、愛の告白したいという方がいると聞いています、、、どの人だろう。こちらまでどうぞ~」とカップルをステージ上に呼び込むと、メンバーと観客が見守る中、 なんと!!サプライズ公開プロポーズが行われた。 二人が向き合うと静まり返った会場からは、「頑張れ!」コールが湧き起こり、男性が「僕と結婚してください!」と宣言すると、彼女は顔をおおって泣きながらうなずき、見事プロポーズは大成功!両手を握りしめて応援していたメンバーが「おめでとう~!!素敵~」と彼女に駆け寄り、抱き合って喜び合った。 撮影の合間には富士山には非常にめずらしい笠雲がかかり、壮大なスケールで撮影された今作のミュージックビデオは、1000名のエキストラと一緒に歌って踊って作り上げられ、サプライズ公開プロポーズもおさめられた、まさに愛を奏でた超大作! 背中から長いフリンジをなびかせ、音楽フェスをイメージしたカラフルな衣装にもぜひ注目してほしい。 <「74億分の1の君へ」センター:兒玉遥コメント> 富士山のふもとで、とても寒い中、たくさんの方に参加して頂いて、みんなで作り上げたミュージックビデオになったと思います。 目の前でプロポーズする所を見るって、なかなか出来ない体験なので、涙が出そうになってしまったんですが、今までのシングルの中でも一番ハッピーな曲になっているので、いろんな人の心の中で、この曲が育っていってくれるといいなと思います。 (C)AKS