AKB48チーム8沖縄で2周年記念公演 3名の卒業も発表
AKB48チーム8が、『「TOYOTA presents AKB48チーム8 全国ツアー ~47の素敵な街へ~」チーム8結成2周年記念特別公演 in 沖縄 めんそ~れ!春のエイト祭り』を、4月2日(土)・3日(日)に、世界遺産に登録されている沖縄・中城(なかぐすく)城跡で行った。 リクエストアワーで発表された、チーム8結成2周年記念となる沖縄でのコンサートが、今週末2日間にわたって行われ、 両日とも、コンサートの前に「お祭り」としてファン参加型のイベントを開催。香川県代表の行天優莉奈による 「びっくり行天!危機一髪」、兵庫県代表の山田菜々美による 「ぴったり菜々ちゃん (ストップウォッチで7秒台を出すゲーム)」など趣向を凝らしたブース企画や、ステージ上でも宮里莉羅(沖縄県)が弾く三味線に載せてメンバーがカラオケをするなど、メンバーとファンが一緒になって、チーム8の2周年を喜びを分かち合った。 コンサートは、2周年記念にふさわしく、初日は 「2年目最後の夜」、2日目は 「ハイサイ!3年目!」と題して行われた。コンサートのオープニングでは、メンバーも太鼓打ちに挑戦して、沖縄の伝統芸能“エイサー”を披露。「めんそーれ!」と、挨拶して幕開け。 沖縄の空の下で披露されたのは、『桜、みんなで食べた』『10年桜』などの今の季節に合わせた楽曲や、海を間近に臨む会場ということで『パレオはエメラルド』『Everyday、カチューシャ』『ポニーテールとシュシュ』などのサマーシングルの数々。 さらに、『制服の羽根』『汚れている真実』『あまのじゃくバッタ』などチーム8の楽曲の他、沖縄の守り神シーサーと共演した『恋するフォーチュンクッキー~恋する充電プリウス2~』、メンバーが演奏するギターやキーボードを交えての『365日の紙飛行機』など、多彩なセットリストで会場を盛り上げた。 3年目初日となる、コンサート2日目も、“エイサー”からスタート。「はいたい ぐすーよ ちゅーがなびら! (やあ みなさんこんにちは)」と、地元 ・沖縄出身の宮里による方言での挨拶も飛び出した。 本日4月3日 (日)に15歳の誕生日を迎えた下尾みう (山口県)の生誕祭も行われ、下尾は“強い心を持って頑張る”という意味の 「確乎不抜 (かっこふばつ)」を座右の銘とし、15歳の1年間を過ごしていくことをファンの皆様の前で約束。またコンサート中盤には廣瀬なつき(高知県)が、「チーム8は今日3年目を迎え、AKB48は11年目に入りました。 先輩達が作ってくれた輝かしい道を、これからも一緒に走り続けて、チーム8がAKB48の中で1番のチームと皆さんに言って頂けるよう、もっともっと頑張ります!」と宣言、会場を埋め尽くした2400名のファンの方々から拍手喝采を受けた。 また、開催地代表メンバーということで、宮里にはサプライズで母親からの手紙が倉野尾成美(熊本県代表)より読み上げられた。手紙が読まれている間中、宮里はずっと目頭を押さえながら、ひと言ひと言に聞き入っていた。 なお、本コンサート終盤には、チーム8の全国ツアーが、6月25日 (土)に、千葉県の市川市民文化会館にて開催されることが発表され、吉川七瀬 (千葉県代表)が、「みなさん!ぜひ来て下さい」とうれし涙を見せながら、ファンに呼びかけた。 今回のコンサートで、愛知県代表の藤村菜月、三重県代表の山本亜依、長崎県代表の岩崎萌花が卒業を発表しました (発表は2日の公演で)。2年間を共に過ごした仲間からの突然の卒業発表に泣き崩れるメンバーもいたが、メンバーやファンへの感謝の気持ちとともに、これからの夢を語る3人の姿を見て、最後の瞬間まで仲間として頑張ることを誓い合っていた。 なお、藤村と岩﨑は、本日 3日 (日)をもって卒業となり、山本については、AKB48劇場において卒業公演の開催を予定している。 (C)AKS