ももクロ、夏に「桃神祭2016」横浜国際総合競技場で2DAYS
ももいろクローバーZがドームツアー「MOMOIRO CLOVER Z DOME TREK 2016 “AMARANTHUS/白金の夜明け”」ツアーファイナルを、4月3日(日)に埼玉・西武プリンスドームにて開催した。最終日は、37059人を動員、ドームツアー述べ252078人を動員した。 ライブにはサプライズゲストとして、加山雄三が登場。玉井詩織の「若大将」襲名式を行ない、会場のファンとともに『君といつまでも』を歌った。さらにアンコールでは、ももクロのサプライズ発表ではお馴染みの松崎しげるが登場。『愛のメモリー』に乗せ、8月13日(土)、14日(日)に横浜国際総合競技場で夏の名物ライブ「桃神祭2016 〜鬼ヶ島〜」を開催することが発表された。 この日は、開演時間になり、会場にアルバムプロローグ『個のA、始まりのZ -prologue-』が鳴り響くとメンバーがステージ上空のバルーンにて宙に舞い4thアルバム『白金の夜明け』収録曲『桃源郷』をパフォーマンスした。その後、センターステージに降り立ったメンバーはアルバムリード曲『マホロバケーション』『白金の夜明け』とアルバム収録曲順に続けざまにパフォーマンス。 『夢の浮世に咲いてみな】では佐々木彩夏がエレキギターをかき鳴らすパフォーマンスから、ライブ中も演奏を担当し会場を沸かせた。清竜人制作楽曲である『イマジネーション』では百田夏菜子がソロフープダンス、『MOON PRIDE』では玉井詩織によるピアノ弾き語り、『『Z』の誓い』では高城れにがタップダンスをそれぞれ続けざまにパフォーマンスし、進化し続けるももいろクローバーZのライブパフォーマンスを見せつけた第一部を終了。 『overture ~ももいろクローバーZ参上!!~』から幕を開けた第二部では、MC中に加山雄三がスペシャルゲストとして登場。改めて「若大将」の名を引き継ぐ玉井詩織の「若大将襲名式」を行い、加山雄三から玉井詩織にギターが託され『君といつまでも』をももいろクローバーZと共にパフォーマンスした。ももいろクローバーZは加山雄三が主催する「ゴー!ゴー!若大将FESTIVAL」(東京国際フォーラム ホールA)に4月7日出演することも決定している。 その後も『サラバ、愛しき悲しみたちよ』『My Dear Fellow』『行くぜっ!怪盗少女』等がパフォーマンスされた。 ラストには『あの空へ向かって』を会場全体とパフォーマンスし、ドームツアー「MOMOIRO CLOVER Z DOME TREK 2016 “AMARANTHUS/白金の夜明け”」は幕を閉じた。 (Photo by HAJIME KAMIIISAKA+Z)