藍井エイル 初の国歌独唱を東京ドームで「いつかここでライブがしたい」
3/2に新曲「アクセンティア」をリリースし、現在絶賛全国ツアー中の藍井エイルが、4/2に東京ドームで行われた「富良野ラベンダーティースペシャルナイター」、北海道日本ハムファイターズvs福岡ソフトバンクホークスの試合前に、初の国歌独唱を行った。 北海道新幹線の開通でも今話題の北海道。北海道・札幌市出身のアーティストという事で今回、藍井エイルに白羽の矢が立った。当日行われたリハーサルで初めてグラウンドに入った時、その空間の大きさにただ驚き、「まだ誰も居ないのに緊張してきた。」と、そのいつもとは違う空気感に圧倒されていた。リハーサルでは何度か歌唱を繰り返した後から本番を迎えるまでにその緊張は強まる。 プロフィール紹介のアナウンスの中で、ホームベース付近までゆっくり歩き、そのまま自分の感覚で、国歌を堂々と歌いあげた。そこはさすがに日本武道館でのワンマンライブを経験しただけあり、貫禄さえ感じられた。 各SNS上では、「藍井エイル、初めて見たけど歌うまい!」、「藍井エイルらしい力強い国歌独唱だった!」など、その歌唱力を称賛する声が相次いだ。歌唱後、観客に手を振りながら楽屋に戻ると、「とても緊張しましたが、素晴らしい経験をさせて頂き、ありがとうございました。いつかド東京ドームでライブができるように頑張ります!」と話し、大舞台での大仕事に大きな自信をつかんだようだ。 藍井エイルは現在全国ツアー真っ只中。6/23にはNHKホールでの追加公演も決まっており、7月からMBS/TBS系全国28局ネットにて放送スタートするTVアニメ「アルスラーン戦記 風塵乱舞」のオープニングテーマを担当することも発表されている。今期も藍井エイルから目が離せない。