全員卒業AKB48 2期生、幻の公演実現に大島優子ら感涙
4月1日(金)、「AKB48チーム K2期生10周年記念特別公演」がAKB48劇場にて行われた。 昨日3月31日に、それぞれの劇場で卒業公演を終えた宮澤佐江や梅田彩佳、小林香菜らも参加し、全員がグループを卒業している 2期生による幻の公演が AKB48劇場にて行われた。 開演前のロビーでは、ファンも旧交をあたためるなど、始まる前からファンのボルテージはMAXに。本日のセットリストは『青春ガールズ』から始まり、今日のためにファンが有志で揃えたという緑のチームKサイリウムが光る中、AKB48を盛り上げてきた 2期生たちによる、力強いパフォーマンスで会場の熱気もオープニングすぐに最高潮に。 冒頭MCでは当時のキャッチフレーズを披露。そんな中、大島だけは「こんばんは大島優子です」と普通に自己紹介。メンバーやファンから笑い声と共にブーイングがおこったが、ファンの方が作ってくれたという記念グッズをみて、「2期生の証を感じ、ずっと私たちを待っていてくれて、いまでも応援してくれてるんだと思い、とても嬉しかったです」とファンの方への感謝の気持ちをのべた。 それぞれがAKB48グループを卒業後、タレント活動や女優業などで培ってきた表現力とトーク力で、現役メンバーとは一味違ったパフォーマンスで客席を始終魅了した。 ユニット曲では、ほぼオリジナルメンバーでの披露となり、イントロが流れメンバーが登場するたび会場からは唸り声に近い歓声が湧き、途中MCでは、定期的に集まっているという 2期生の仲の良さが出過ぎてか、ちょっと長めのトークでMCでも客席を盛り上げた。今や母となった大堀とメンバー内からも色気が増したといわれる河西による『おしべとめしべと夜の蝶々』、”梅島夏代”の『エンドロール』、秋元の『虫のバラード』など、当時より、それぞれが大人になり成長した姿での再演に、改めて客席から大きな歓声と温かい拍手を送られた。 アンコール中、2期生の軌跡映像が流れ、幕が再び上がると『桜の花びらたち』を歌唱。思い出がよみがえったのか、次々と涙を流すメンバーたち。 ダブルアンコールでは、昨日卒業した宮澤、小林、梅田がドレスで登場。大島と河西から、3人の卒業のお祝いと2期生10周年の記念ケーキをサプライズプレゼントされた。最後に、大島から「今日出られなかったメンバーもいますが、思いはここにあると思って、そしてこの先それぞれ一人ずつ歩んでいく、私たちの人生は続いていく、という想いを込めて」と『To be continued』を披露。本日の特別公演は幕を閉じた。 公演名:チームK 2期生 10周年記念特別公演 会場:AKB48劇場 出演:秋元才加・梅田彩佳・大島優子・大堀恵・河西智美・小林香菜・佐藤夏希・高田彩奈・野呂佳代・松原夏海・宮澤佐江 [一部出演]奥真奈美・倉持明日香・近野莉菜 (C)AKS