アプガとアイルネが真っ向勝負!初対バンは大フィーバーのお祭り騒ぎ
7 人組アイドルグループ、アップアップガールズ(仮)が主催する、新たな対バンLIVE イベント「Good Vibrations Idol vol.1 アップアップガールズ(仮)vs.アイドルネッサンス」が、3 月31 日(木)、東京・新宿BLAZE にて開催された。 この「Good Vibrations」は、アップアップガールズ(仮)が目標とする日本武道館公演の実現に向けてさらなる成長を遂げるために、バンドやアイドルなど様々なアーティストと対戦していくというコンセプトのイベントだ。 初戦の相手は、同じくT-Palette Records に所属するレーベルメイトのアイドルネッサンス。アイドル先輩後輩グループ対決となるわけだが、ステージに立てば上下関係なしの真っ向勝負。しかも今回は、アイドルネッサンスのライブをアップアップガールズ(仮)が最前列で鑑賞し、アプガのライブをアイルネが鑑賞するという斬新なスタイル。本公演は、両者の全力のステージングが爆発する、白熱のライブが繰り広げられた。 まず、先発はアイドルネッサンス。『ガリレオのショーケース』『リベンジ』と冒頭からエネルギッシュなナンバーで攻め立てる。普段からアップアップガールズ(仮)を敬愛する彼女たち。だからこそ、今持つ力を見せようという気迫が、表情、歌、ダンスから感じられた。観客の盛り上がりもかなりの熱気。3 月に発表したファーストアルバム『アワー・ソングス』のリード曲『ベステンダンク』や『恋する感覚』といった楽曲で温かいムードを作ったあとは、『ミラクルをキミとおこしたいんです』からパワー全開。『あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう』で一体感を作り、『手を打ち鳴らせ!!』で拳を突き上げ、『シルエット』でエモさをたぎらせ、アイドルネッサンスのステージは終了。 後攻のアップアップガールズ(仮)は、『バレバレI LOVE YOU』でポップにスタートし、桜の季節にぴったりな爽やかなメロディの春チューン『SAKURA DRIVE』を会場に届ける。いつも対バンライブでは頭からガツガツに攻めることが多いアップアップガールズ(仮)だが、意外性のある選曲に驚かされた。次に向かっていく思いを歌ったドラマチックな『NextStage』を披露したあとは、『リスペクトーキョー』でエレクトロサウンドを畳み込む。 切なさとエモさが入り混じるアップチューン『青春の涙』、必殺の『チョッパー☆チョッパー』で会場のテンションはますますアップ。そして『ジャンパー!』で観客全員をジャンプさせ、『お願い魅惑のターゲット』でさらなる盛り上がりを見せて、アプガのライブはフィニッシュ。 MC で、2 組がお互いのライブを観ての感想を語っていく。まずはアイドルネッサンスのメンバー。 『アプガのファンのみなさんも一緒に盛り上がってくださって、私たちも全力を出し切って、自分たちのライブを伝えられたなと思いました。あと、目の前でアプガさんのライブを観たら、アプガさんのカッコよさはもちろんですが、ただ盛り上がるだけじゃない感動がありました』(南端まいな) 「『青春の涙』でほんとに感動して、そのとき古川(小夏)さんがシンデレラに見えて、めちゃ汗だくだった古川さんに抱きつきたくなりました(このタイミングで古川が石野をハグすると、石野は歓喜の涙)。感動しました。ありがとうございました!」(石野理子) 純真さ溢れるアイドルネッサンスの言葉に応えて、アプガのメンバーが感想を語る。「ルネッサンスちゃんたちを見てて、この中で私は人一倍体はデカいけど、いつも以上に全ての体を使って、顔筋も使って、大きく動くようにしました。全力でライブをやるってこういうことだっていうのをいつも以上に感じれたので、すごく勉強になりました。ありがとう」(森咲樹) 「アイルネちゃんのライブを観て思ったのは、関根はライブをやってるときに雑念が多いなって。集中はしてるんですけどね(笑)。でも、音楽と真剣に向き合ってるアイルネちゃんたちを見て、改めて、私ももっともっとアプガの音楽に向き合ってぶつかっていかなきゃなっていうのが勉強になりました」(関根梓) まさに、今回の対バンを通じてグッドなバイブスを得た両者は、コラボタイムを行う。アイドルネッサンスに森咲樹が加わって『17 才』を披露すると、続いて、アップアップガールズ(仮)が『ガリレオのショーケース』を力いっぱいパフォーマンス。ステージに戻ったアイドルネッサンスが関根梓を呼び止めると『バレバレI LOVE YOU』を一緒に歌唱した。 そして最後は、アップアップガールズ(仮)が4 月5 日にリリースするニューシングル『パーリーピーポーエイリアン』を、2 組が一体となって13 人でパフォーマンス。アプガのクレイジーな世界に引きずり込まれたアイドルネッサンスは、ばっちりパリピエイリアン化。観客もレイヴエイリアンとなって、会場全体で“エイリアーン!”の大熱唱。大フィーバーのお祭り騒ぎで、エモく激しく楽しい宴は締めくくられた。 なお、「Good Vibrations」の第2 弾公演「Good Vibrations Rock vol.1 アップアップガールズ(仮)vs.大森靖子」は、4 月15 日(金)、東京・新宿ReNY で行われる。そして、この日新たに、第3 弾公演『Good Vibrations ジャイアンナイトvol.1 アップアップガールズ(仮)vs. DJ ダイノジ』が6 月3 日(金)、東京・下北沢GARDEN で開催される事が発表された。 アップアップガールズ(仮)の2 マンならではのスペシャルな化学反応を体感できる、新感覚イベント「Good Vibrations」の今後の展開に期待しよう。