「佐江ちゃんSKE48に来てくれてありがとう」松井珠理奈ら別れ惜しむ
3月31日(木)、宮澤佐江の卒業公演としてチーム S「制服の芽」公演が、SKE48劇場にて行われた。 今月、3月3・4日の2日間、日本ガイシホールで卒業コンサートを行った宮澤佐江が、本日SKE48劇場で最後の劇場公演を行った。 2014年4月よりSKE48を兼任して2年、チームSメンバーと幾度となく踊った劇場ステージに宮澤らしく満面の笑顔で現れ『恋を語る詩人になれなくて』『制服の芽』など披露した。宮澤は「卒業公演らしいんですけど、本当に自分自身実感がなくて困っております。だけど、私は既に悔いがありません。なので、今日は楽しみたいと思います。思いっきりその楽しんでる姿、そしてチームSのみんなとアイコンタクトをしたり思い出を作ってる私の姿をみなさんぜひ目に焼き付けて下さい。みなさん、今日は最高の日にしましょう。よろしくお願いします。」と挨拶。ユニット曲『万華鏡』では、犬塚あさな、大矢真那、竹内舞、宮前杏実と一緒に息の合ったパフォーマンスを見せた。 アンコールが始まると、場内は“佐江ちゃん”コールに包まれ、いよいよ卒業モードに。宮澤が、最後にチームSのメンバーとみんなで披露するために…と考えたセットリストは、『放課後レース』(15thシングル「不器用太陽」収録)~『消せない炎』(16thシングル「12月のカンガルー」収録)~『DIRTY』(17th シングル「コケティッシュ渋滞中」収録)~『素敵な罪悪感』(18thシングル「前のめり」収録)の、宮澤がSKE48を兼任してからできたチームS楽曲4曲のメドレーでスタート。 続いて、2014年4月にさいたまスーパーアリーナで行ったSKE48単独コンサートで宮澤が最初にチームSとして披露し『RESET』をパフォーマンス。宮澤がSKE48を兼任してからの軌跡映像が流れ終わると、ドレスを着た宮澤がステージに現れ、本人の卒業 曲である『旅の途中』(19thシングル「チキンLINE」収録)を歌い始めると、宮澤含め全メンバーの瞳から、別れを惜しむ涙が流れた。 宮澤が声を震わせながら最後まで歌い上げると、松井珠理奈が宮澤への感謝と激励の言葉を手紙で贈り、宮澤の卒業をチームS全員で祝福した。それを受けて宮澤も感謝の挨拶を述べると、宮澤は自分が参加していないチームSの最新シングル収録曲『彼女がいる』(19thシングル「チキンLINE」収録)の曲紹介し、客席横でメンバーが披露する姿を見守った。新リーダーとなり、この楽曲のセンターを務める矢方美紀が『この曲には佐江ちゃんはいません。でも、これからもチームSはすごいチームなんだよ!って胸張って言えるように、そして、佐江ちゃんがいなくてもSKE48として、チームSとして、佐江ちゃんのように太陽みたいに前を向いていきたいと思います。佐江ちゃん、そしてみなさん、見てて下さい。』と挨拶し、その言葉のとおり、寂しい気持ちを払拭するかのように全力でパフォーマンスして、チームS「制服の芽」宮澤佐江卒業公演を終了した。 <松井珠理奈、宮澤への手紙> 佐江ちゃん、まずはSKE48に来てくれて本当にありがとう。みんな佐江ちゃんからはいろんなことを教えてもらいました。かっこいい佐江ちゃんの背中をいつも追いかけて来たので、正直わたしたちも寂しいです。でも、佐江ちゃんが卒業した後も安心してSKE48を見守ってもらえるようにこれからもメンバーと一緒に頑張るね。今までSKE48のことを支えてくれたから、これからは自分の道で活躍する佐江ちゃんを見れるのを楽しみにしています。でも、SKE48が本当にピンチな時は助けにきてください。本当に卒業おめでとうございます。 (C)AKS