HKT48劇場「営業終了」引越し前、最後の曲は「HKT48」
2011年11月26日にHKT48劇場がオープンし約4年4か月、HKT48劇場がある福岡市中央区のホークスタウンモールの閉館に伴い3月31日(木)をもって現所在地での営業が終了となった。 3月28日(月)~31日(木)の4日間にわたり「HKT48感謝祭~さよなら大劇場展~」と銘打ち、HKT48劇場と隣接する特設会場にて、メンバーゆかりの品々や衣装、裏話がつまった年表などとともに、HKT48の歩みを振り返る展覧会や飲食ブース、実際のHKT48劇場のメンバー楽屋・レッスン場などを巡る「バックヤードツアー」、そして今回の感謝祭の為に製作された「HKT48劇場物語」の上映会を開催。多くのファンを楽しませた。 3月31日は、10時30分より3公演を開催、チームH「最終ベルが鳴る」公演とチームKIV「シアターの女神」公演の千秋楽が行われた。18時30分からは約4年4か月、連日公演を行ってきたHKT48劇場の最後の公演となる「劇場移転記念特別公演」を開催。この特別公演は抽選で当選したファンを対象に、特設会場にて初のパブリックビューイングが行われた。 劇場公演通算出演回数が695回、メンバー最多出演となる1期生・下野由貴の影アナで始まったHKT48劇場 移転記念特別公演。1曲目は、この劇場とともに2011年にスタートした公演のタイトル曲『手をつなぎながら』で幕を開けた。それぞれのチームが公演デビュー当初の曲を披露し、懐かしい曲の数々に兒玉遥は、スタートから「“ちょいうる”来ちゃいました…思い出しました昔を…」と懐かしみ、多田愛佳は「私は9年やってきたけど10時30分公演は初めてだった」と話す。若田部遥は「お引越しなので劇場が無くなちゃうっていう実感がまだないけど…でもみんなの心の中に劇場が残ってくれたらいいな」と感慨深い様子。 アンコールでは、新曲『74億分の1の君へ』そして閉館されるホークスタウンの名前をはじめ、博多の名所や名物が歌詞に盛り込まれている『HKT48』を全員で披露し、HKT48劇場、最後の公演は幕を閉じた。 【2016年3月31日(木)HKT48劇場公演概要】 チームKⅣ「シアターの女神」公演 千秋楽 9:00開場/10:30開演 今田美奈・岩花詩乃・植木南央・多田愛佳・熊沢世莉奈・下野由貴・田中優香・冨吉明日香・朝長美桜・深川舞子・渕上舞 宮脇咲良・村重杏奈・本村碧唯・森保まどか・今村麻莉愛 チームH「最終ベルが鳴る」公演 千秋楽 13:00開場/14:30開演 秋吉優花・穴井千尋・井上由莉耶・宇井真白・上野遥・岡本尚子・神志那結衣・兒玉遥・駒田京伽・坂口理子・指原莉乃 田島芽瑠・田中菜津美・田中美久・松岡菜摘・矢吹奈子・山田麻莉奈・山本茉央・若田部遥 HKT48劇場移転記念特別公演 17:00開場/18:30開演 全メンバー44名出演 3月31日(木) HKT48劇場移転記念特別公演/HKT48劇場 18:30開演 出演:全メンバー44名 ※今村麻莉愛は20:00までの出演。 写真(C)AKS HKT48 劇場移転記念特別公演@HKT48劇場 全編生中継