わーすた 結成一周年ライブでぶっちゃけトーク
エイベックスアイドル専用レーベル「iDOL Street」第4弾グループ「わーすた」(The World Standard)が3月29日、グループ結成1周年を記念した定期ライブの1発目、「わーすたランド わ-1」を開催した。 ちょうど1か月前、2/28にわーすた初のワンマンライブを渋谷クラブクアトロで開催し、SOLDOUTさせ5月にメジャーデビューを発表したばかり。今勢いのある2016年新人アイドルと言われている「わーすた」はこの日、定期ライブ1回目のライブと題したグループ結成1周年記念ライブを勢いそのままに平日にもかかわらず多くの来場者を集め、大成功を収めた。 1曲目の「ちいさなちいさな」から、“わーしっぷ“(わーすたファンの通称)が手をつないだり肩を組んだり会場と一体感を作ってスタートした。MCで、小玉梨々華から「実は登場からの3曲つづけての曲人はグループ初お披露目をした昨年のNHKホールでの公演の曲順でした」とあかし、1年前からの成長したパフォーマンスを見せた。 猫耳姿ではない、モノトーンのシックな衣装でかっこいいわーすたを表現する『Zili Zili Love』そして、ヴォーカル2人廣川奈々聖と、三品瑠香のユニット曲『好きな人とか居ますか』を披露。中盤戦へ突入。 初ワンマンでお披露目したパフォーマンスメンバーの坂元葉月、松田美里、小玉梨々華による「にこにこハンブンコ」ではかんたんなレクチャーののち、メンバーが先生、ファンのみんなが生徒、という設定で楽しい空間に。 実は・・・と昨年2015年3月29日にわーすたというグループ名、メンバーの5人が発表されたその当時そのものの制服衣装姿で登場。廣川は「じつは、その日の髪形も再現してみました!」と結成日ならではのこの日限定のスペシャル演出となった。 さらに、アイドルストリート・ストリート生(プロジェクトの研究生的な地域別候補生)が受け継いできた『絶対!Love Magic』をわーすたとしては初お披露目。曲タイトルのコールとともに、待ってましたとばかりの「おおお!!」という声援、コールの中パワーアップしたパフォーマンスを披露した。立て続けにと自己紹介ソング「恋してYES!~これが私のアイドル道~」を他己紹介verとして、歌詞を新たにしてメンバーを紹介。鉄板わき曲をさらに盛り上げた。 SNSとアイドル活動を通じて世界にKAWAiiジャパンアイドルカルチャーを届ける、というコピーのとおり、ライブはこの日も「スマホで写真も動画も撮影OK」はもちろん、日々ファンとのコミュニケーションツールとしてツイッターを駆使しているが、この日のために、事前にハッシュタグ「#わーすたぶっちゃけトーク」をつけて質問を集めていたギリギリトークを展開。 「担当カラーがありますが本当は違う色がよかった?」、「グループ名を最初聞いたときは、それは無いわ~とおもった?」など1周年だからぶっちゃけ答えちゃいます!ということでファンからの質問に数々答えた。 松田美里は「じつは地域グループの時にチームカラーが黄色で、卵が好きで、黄色は私だって思ってました(笑)」とぶっちゃけ。 先輩グループのGEM金澤有希からも「わーすたになるまで、興味のなかった子はいますか?」と厳しい質問も飛び出したが、「興味がないっていうことではないけれど、地域が別で接点がなかったり、キャラ的に合わないかも?とおもっていたメンバーはなっちゅん(廣川)」と三品。 コーナー最後の締めにリーダー廣川奈々聖からピックアップされた「わーすたになってよかったことは?」という質問に、三品瑠香が「このメンバーだったことが本当によかったよ。ほんとに!ガチで!(笑)」と少し照れ隠しに回答。 ほんわかしたところで後半ラストスパート! デビューアルバムにも収録される初披露の新曲『スイカわり』は、夏曲タオルを回す定番曲だと説明。サビではタオルを左右に振り、一足早く夏気分で汗をかける、サンバのテイストを盛り込んだアゲアゲソング。夏のフェスなどでは定番曲になりそう。 「ワンダフル・ワールド」、わーすたといえばこの曲!『いぬねこ。青春真っ盛り』で最高のボルテージに上げて、オーラスは「うるとらみらくるくるふぁいなるアルティメットチョコびーむ」を会場一帯でタイトルコール。ゲームのファンタジー世界観満載のデビューを飾るアルバムリード曲を披露。わーすたランド「わ-1」(わのいち)をクリア!というゲームの世界観を最後に演出した。 コースクリアのゴールポールが登場し、フラッグを下す演出とともに、ちょっと聞きなれがクリア効果音が流れファンのみんなとライブステージが無事に完走!クリアーした! 「わ-1」をクリアしたので・・・と最後のMCで次回「わ-2」(わのに)が6月10日、原宿アストロホールにて開催されることが発表された。 リーダーの廣川奈々聖から「たくさんの皆さんの支えがあってこの1年活動できました。成長できたのは皆さんのおかげです。世界標準を目指し、これからもたくさんいい報告ができるよう頑張って活動していきます。私たちをについてきてください!本当に今日はありがとうございました!」とコメント。 わーすた流アンコール「わんコール!にゃんコール」が鳴り響く中、再登場。わーすたといえば、の『いぬねこ。青春真っ盛り』を披露して会場はわんわんにゃんにゃん一体となって幕を閉じた。 デビューまであと約1か月となり、全国各地でのリリースイベントが情報解禁され準備万端。2016年のわーすたに注目だ。