Smileberry 笑顔と熱狂に包まれた1stワンマンライブ
昨年7月31日に活動を発表したときから公言。9月10日に新宿ReNYで行われたイベントへ出演した初ライブを皮切りに、この日を目標に走り続けていたSmileberry。結成から数えて8ヶ月弱。初ライブから数えると半年強という活動の一つの成果の場として、Smileberryは3月25日(金)にTSUTAYA O-WESTの舞台にワンマンという形で立っていた。 Smileberryの始まりを告げたデビューワンコインシングル『Smiley』からライブはスタート。触れた人を笑顔に導く明るく晴れた曲調を魅力にしているSmileberryらしく、冒頭から大勢のファンたちがキラキラと輝く無邪気な笑顔を浮かべ、5人の演奏に合わせ飛び跳ねだした。デビュー時の衣装で登場というのも、嬉しいポイントだ。 サビではタオル振りまわし熱狂、爆裂したホップな衝動に気持ちも熱く滾り続けた『Go My Way』。ヘドバン要素も踏み込んだ情熱的なロックンロールナンバーの『FLY AGAIN』や、キラキラとした輝き放つポップロックチューンの『LUCKY DAY』。大好きな人(ファン)へ熱い笑顔の告白をぶつけた『キミが好き。』『ワンダーワード』、そして『君に届きますように』。Smileberryは一緒に歌いたくなるカラフルなポップ爆弾を次々投下しながら、止まない熱狂を描き続けてゆく。 途中には、カバー曲も披露。Smileberryらしい明るくポップに染め上げた『ハレ晴レユカイ』に、ファンたちと一緒に♪NO MORE CRY♪と合唱し続けたD-51メンバー公認カヴァーの『NO MORE CRY』。『キューティーハニー』ではモッシュやヘドバン、合戦まで巻き起こる熱狂の風景も描き出していた。 嬉しい体験となったのが、新たな発表を受けたあとに披露した、7月27日に発売となる2ndシングル『小悪魔KISS ME』を最新衣装に着替えて演奏してくれたこと。触れた瞬間からドキドキとワクワクな甘い衝動へ胸が包まれたように、ハートを射抜くライブに於ける新たなキラーチューンが誕生した。 熱狂を受け演奏した激情ポップチューン『ボクらのMelody』。最後に披露した1stシングル『Sun!Sun!Smile!!』でも、場内をグチャグチャに掻き乱す熱狂を描きながら本編は終了。「これからも一緒に夢を追いかけ続けてください。ともにキラキラしよう。みんなと一緒に笑顔を作り続けていこう」。Motokiが叫んだその声が、ずっとずっと胸に響き続けていた。 止まない熱狂の声を受け、アンコールで、ふたたびSmileberryの始まりの歌『Smiley』を演奏。笑顔を絆に共に歩んでいくことを、大騒ぎしながら改めて誓いあっていた。SOLD OUT!!という結果を導き出すまでにはあと少し至らなかったとはいえ、半年間の活動の成果は、場内にたくさんの笑顔と熱狂の花を咲かせる成果を導き出したのは間違いない。 Smileberryは、7月27日(水)に2ndシングル『小悪魔KISS ME』を3typeリリースする。8月からは彼らのホームグラウンドである渋谷REXでのワンマンを皮切りに、結成一周年の日を目指し、Smileberry東名阪Oneman Tour「SMILE」を行う。さらに、Smileberry 1st Anniversary Oneman Tour Final「SUPER SMILE」と題したファイナル公演を、始動ライブを行ってから丸一年、同じ日に同じ場所、9月10日新宿ReNYで行うのも嬉しい発表だ。 活動から1年間の集大成を、今度は新宿ReNYにどんな風景として描き出すのか。また、彼らと一緒に走り続けてゆく楽しみが増えたようだ。 PHOTO:shimadamasafumi TEXT:長澤智典