高橋みなみ 総選挙謎の立候補者にエール「にゃんにゃん仮面いくぜ!」
3月27日(日)、横浜スタジアムでの卒業コンサートを終え、4月8日の劇場公演を残すのみとなった高橋みなみ。秋には豪華作家陣によるファーストソロアルバムの制作も決定し、卒業後もアーティストとして、またバラエティ番組にもその前向きなキャラクターで活躍が期待されるが、このほどカラオケ配信大手第一興商が展開している「DAM CHANNEL」がリニューアルし4月10日からスタート、その13代目となるMCに高橋が選ばれたことが発表され、就任式が都内で行われた。 当日は「DAM CHANNEL」のMCに就任した証として、代表取締役社長 林 三郎氏よりオリジナルの特大マイクが贈呈され、「けっこうずっりしりですね」と笑顔で撮影に応じた。 高橋は「AKBグループ総監督からカラオケ総監督という役職をいただき嬉しく思います。私の歌手を目指すきっかけがカラオケでして、友達に”うまい”といわれて、調子こいてここまで来ました(笑)」と話した。 MC就任に関しては「話すだけではなく、相手の方を引き出すというのが難しいですね。ほかのMCの方は素晴らしいと思います。でもAKBに入った時からムチャぶりされて、舞台上でしゃべり続けてきたので、瞬発力は備わっていると思います」と自信を見せると、その瞬発力は如何なものか?”フリートークトレーニング”が用意された。 3つのキーワードを組み合わせてアドリブで文章を作るもので、「ここで事故りたくないですねー」と緊張気味の高橋。「私へのお題だから、”努力”とか入ってるんでしょ?やっぱあるわ(笑)」と笑いながらも真剣に取り組み、見事な文章を完成させ喝采を浴びていた。 カラオケの十八番を聞かれ「中森明菜さんのDESIRE」と即答した高橋、その場で自慢の歌声を披露し、「「DAM CHANEL」のゲストに来ていただいたら、私泣きます」と興奮気味。また「知り合いのアーティストさんに出ていただきたいですね、”西川さあんー”」と西川貴教へラブコール。さらに「AKBのメンバーが来てくれたらうれしい。夢のようです」とも語った。 今年の総選挙立候補が先日〆切られたが、「自分が立候補しない総選挙は初めてですが、みんなのたいへんさも分かるし、最後の最後で現選抜メンバーが出していたので頑張ってほしい」とエールを贈り、「1位はふつうに行ったら指原2連覇。狙ってますよきっと。ただ「にゃんにゃん仮面」いくぜ!(笑)」と今立候補保留中の謎の「にゃんにゃん仮面」の出馬実現を祈っていた。