AKB48入山杏奈 舞台初挑戦で「歌姫」のヒロインに抜擢
宅間孝行が仕掛ける極上のエンターテインメントプロジェクト“タクフェス”第4回作品として、舞台・ドラマと共に上演され愛され続けている舞台「歌姫」を、2016年10月5日(水)~16日(日)の期間、東京サンシャイン劇場にて上演されることが決定した。 脚本・演出・主演は宅間孝行、ヒロイン役に舞台初挑戦となるAKB48入山杏奈を迎え、涙なくしては見られない珠玉のラブストーリーとして高い評価を受ける舞台「歌姫」が蘇る。出演者には、阿部力、酒井美紀、MEGUMI、かとうかず子、斉木しげる、藤木孝など、豪華キャストが勢揃い。笑って泣ける感動の名作を、豪華実力派キャストによってお届けする。 東京セレソンデラックスの代表作の1つとも言える『歌姫』は2004年に初演され、2007年には1ヶ月間の長期公演にパワーアップして待望の再演。さらに同年、TBS系列にて長瀬智也・相武紗季主演でテレビドラマ化を果たす。2014年3月には、主演に松本利夫(MATSU from EXILE)を主演に迎え、劇団EXILE版『歌姫』が赤坂ACTシアターにて上演された。そして今回、タクフェス名義では初の「歌姫」上演となる。同公演は、9月15日より大阪で開幕し、名古屋、札幌、大阪、東京、福岡、仙台、新潟、仙台、札幌と、全国7都市でも上演される。 <宅間孝行コメント> 「自分の代表作とも言えるこの作品のメッセージで、歪んだ方向へ舵を切ろうとしている今の日本へ、強烈な楔を打ちたい。そして、最高のエンターテイメントをお送りすべく、役者として素敵な素敵な最強の面々が集結してくれました。ヒロイン鈴役の入山さんは女優としての可能性、将来性を感じてお願いしました。『これがあの入山杏奈!?』と思わせるような新たな魅力を存分に引き出したいと思います。今年のタクフェスはこのメンバーで、LIVEならではの楽しさを存分に味わって貰いたいと思います。ご期待下さい。」 <入山杏奈コメント> 「20歳になりましたので、これまで経験したことのないものにチャレンジしていきたいと思い、凄く不安な気持ちもありましたが、舞台に挑戦することを決意しました。普段“クール”に見られがちな私ですが、今回演じる役は大声で怒鳴ったり、笑ったり、泣いたりと感情表現豊かな役と聞いております。舞台を見終わった後に皆さまから“あんな入山は観たことない!!”と言って頂けるくらい、フルパワーで頑張りますので、ぜひ劇場までお越しください!」