指原莉乃びっくり 北原里英「番組でメンタルやられた」と告白
HKT48とNGT48が毎週さまざまな対戦を繰り広げてきた「さしきた合戦」(日本テレビ)が28日深夜放送で最終回を迎えた。これまで11回の対戦でHKT48が6勝、NGT48が5勝。今日の3本勝負で勝ったチームに1勝ずつが加算され、最終的に勝利数の多かった方には、打ち上げとしてすしざんまい食べ放題、負けた方はAPが巻いたかっぱ巻きのみという雲泥の差に、メンバーの士気は上がる。 1戦目、”目隠しチャンバラ”では運動オンチのHKT48宮脇咲良とNGT48山口真帆が対戦。宮脇が山口の刀を強奪する傍若無人さを見せ勝利。指原莉乃から「人のものを取っちゃダメでしょ!」とたしなめられた。2戦目の村川緋杏は「やる気ムンムンです!」と意気込み、対戦相手の高倉萌香は「みんなに託します」と他力本願だったが、村川の奇妙な動きに誘導役メンバーが大爆笑。そのすきに高倉が風船を射止め勝利した。3戦目の大将対決では「同期なのでここで決着つけます」と気合で勝った北原里英が指原を撃破した。 次のリーダー玉入れでもNGT48チームが勝ち逆転したが、最終戦の恐怖のビリビリスイッチではNGT48が負けてしまい、7勝対7勝の同点に。結局じゃんけんで決着をつけることになり、指原は思わず「今までの12回返してくださいよー!」よ抗議。最後の”さしきた合戦”はAKB48グループらしく、じゃんけんで結果が決まることに。北原は「この勝負に言葉はいらないんじゃないですか」と冷静な表情。指原も「こうなったのも運命、この右手にかかっている」と意気込み、雌雄を決した。 結果は指原がグーを力強く差出し、見事HKT48チームの勝利で「さしきた合戦」の幕が下りた。 NGT48側の打ち上げ会場では、山田野絵が泣いているのを見つけた北原が「山田さん号泣ですけどー」と負けた悔しさと、豪華なすしを逃したから泣いているのかと思い問いかけたのだが、山田は「終わっちゃうのが悲しいです」と寂しそうな表情。それを受けて北原も「何より、みんなと仲良くなれたことが…ヤバい泣きそう。。。うれしいなと思います」と声を震わせた。 番組終盤の「食少女」には指原と北原が登場。「2人で食事することは絶対無理。みーちゃん(峯岸みなみ)でも、ゆきりん(柏木由紀)でも無理。しゃべることなくなるのが怖くて。(行くのは)村重くらい」と指原。今回レギュラー番組を持った北原は「やってみて楽しかったんだけど、本当に出来なくてびっくりしたの私。「さしきた(合戦)」でけっこうメンタルやられたの」と告白し、指原もびっくり。「もっとしゃべんなよっていろんな人に言われたの。インパクトのある発言を残してないだなと思って。莉乃ちゃんも難しかったと思うし、自分もそんな莉乃ちゃんの助けになれてなかったなあと思うんだよね」と反省したが、指原は「里英ちゃんはいろいろ紹介する立場だから、ガンガン面白いこと言ってたら意味わかんないじゃん。でも最終的には楽しかったよ、とっても」と話し、「いい経験になったね」とお互いの労をねぎらった。 写真(C)AKS