高橋みなみが後輩たちへつなぐAKB48の魂
横浜スタジアムにて2日間に渡って開催された「祝高橋みなみ卒業“148・5cmの見た夢”in横浜スタジアム」。 高橋みなみの卒業コンサートとなった。 過去に卒業をしていったOGメンバーも多く出演し、卒業コンサートに花を添え、AKB48グループ全員で最大の功労者である高橋みなみを送り出した。しかし、今回、「たかみなの旅立ち」という意味合い以上に感じ取れたのは、高橋みなみが後輩たちに伝えようとする「AKB48の魂」だった。 グループ総監督というアイドル史上、類を見ない役職の中で様々なメンバーと接し、誰からも愛された高橋みなみ。その彼女がこの日、共に楽曲を歌い踊りそして参加したメンバー、コンサートには参加できなかったメンバーに何かしらの形で想いを伝えようとしているように見えた。卒業コンサートとしては考えられないような、高橋みなみが全曲に参加するというとんでもない構成も、高橋の後輩へ伝えたい気持ちか実現したのだろう。 特に、新設されたばかりのNGT48や、高橋とも接点があまりなかったチーム8などの若手メンバーは、高橋みなみを近くで感じることで得たものが山程あったはずだ。 セットリストでも、各グループと一緒に楽曲パフォーマンスに参加。若手メンバーの中に高橋が入り込む曲もあった。NMB48の白間美瑠は自身のツイッターで「たかみなさんの言葉一つ一つにストーリーがあり、本当に偉大な先輩です。 卒業コンサートが終わって、今より更に、もっともっと死ぬ気で頑張ろうっ!て思いました。」、SKE48須田亜香里は「このグループにいる意味、これからも創り上げていくと決めた自分に出来ることは何か。 改めて考えた今日でした」と気を引き締めたコメントを発表した。 この日のコンサートで、超満員のファンの前でガムシャラに全曲参加する高橋みなみを見て、「頑張る」ということを後輩たちへしっかりと伝えようとしているように思えた。様々なアイドル、芸能界の常識をぶち破り革命を起こし続けてきたAKB48。その根底には、「頑張る、努力をする」という強い気持ちが必ずあった。その魂を、しっかりと受け継いで、AKB48グループを繋いでいって欲しいという願いがあったはずだ。今回、高橋みなみの卒業ソング『背中言葉』でも歌われたが、高橋みなみの名言として残る「努力は必ず報われる」。このスピーチは正確には「努力は必ず報われると、私、高橋みなみは、人生をもって証明します」であり、この言葉に救われたメンバーも多かっただろう。しかし、高橋みなみは、この言葉がキレイ事であることも説明。その上で「頑張っている人が報われて欲しい」と涙ながらにスピーチをしたこともあった。全ては結果論になってしまうのかもしれないが、それでも前を向いて頑張るしか無いと、高橋が後輩たちに送り続けてきたエールの集大成になったに違いない。 高橋みなみは、「私、高橋みなみは『努力は必ず報われる』と卒業したこの先、必ず証明します。それがAKB48にできる私の恩返しです。」と別れの言葉でも話し、卒業後も自分が活躍することで、後輩たちへ努力することを教え、また道を切り開いて行くことを誓った。 誰よりもAKB48を愛し、誰よりもAKB48の事を考えていた高橋みなみからの最後のメッセージがこのコンサートで各メンバーに向け発信された。これをしっかりと受け止めるか、受け止められないかで、今後のAKB48グループのメンバーとして、アイドルとしての活動に大きく影響をしてくるだろう。 この高橋みなみが、そしてOG達が見せたAKB48としての魂は、総監督である横山由依や、センターを務める主要メンバーだけが受け継ぐものではない。誰でも受け継ぐチャンスがあるものだし、みなが受け継ぐつもりでガムシャラにならなければいけない。 新たな総選挙の幕開けも発表されたいま、この高橋みなみの最後のメッセージを受け、奮起する若手メンバーが多数現れれば、AKB48の第二章はいままで以上に輝かしいものとなるだろう。 写真(C)AKS