BAROQUE 初の下北沢公演で新規ツアー全9公演を解禁
BAROQUEの東名阪ライブツアー「G O O D M O R N I N G B O Y S A N D G I R L S」のツアーファイナルとなる東京・下北沢GARDEN公演が、3月25日に開催された。 バンドにとって初の下北沢でのライブとなったこの日は、昨年リリースされた最新アルバム『PLANETARY SECRET』からの楽曲を中心に展開。怜(Vo)と圭(G)に、おなじみのTOKIE(B)、かどしゅんたろう(Dr)というサポートメンバーを迎えた編成で、時にハートウォーミングなミディアムナンバー、時にアグレッシブなアップチューンを繰り出しライブを進行させていった。またMCではこの日が今年初めての東京公演であることに触れつつ、アットホームなトークを繰り広げる。しかも怜はこの日のライブ会場である下北沢GARDENが、初めてTOKIEと会った場所であることを告白。その不思議な縁について感慨深げに語った。 アンコールでは久しぶりに演奏する「凛然アイデンティティ」に加え、本ツアーが始まる数日前に完成したばかりという新曲も披露。次の展開を示唆するようなこの曲に対し、観客はじっくりと耳を傾けその世界観にじっくり浸っているようだった。 さらにアンコールでは、次の全国ツアー『GIRL //SO// SWEET GIRL //SO// BRAVE』の開催を宣言。5月13日の東京・TSUTAYA O-EASTからスタートするこのツアーは名古屋、大阪、仙台、札幌、西川口、岡山、福岡の全国8都市・計9公演が予定されている。 怜は「こうやって次に会う約束もできるのが嬉しい」と告げると、昨年から演奏されている未音源化の新曲『GIRL』を最後に熱唱。キラキラしたサウンドが魅力的なダンスチューンで会場はクライマックスを迎え、全17曲におよぶライブは幕を下ろした。 現在、全国ツアー「GIRL //SO// SWEET GIRL //SO// BRAVE」のプレオーダー抽選受付を実施中。こちらは4月3日(日)23:59までの受付となっている。なお、チケットの一般発売は4月16日(土)から一斉スタート。 札幌、岡山、福岡でのライブは昨年6〜7月にかけて行われたツアー『BAROQUE TOUR 2015「OPEN YOUR WORLD AND SEE THE LIGHT」』以来1年ぶりとなるので、ぜひこの機会をお見逃しなく。 ライブ写真●メトロ。