AKB48グループ 初の東西対決に横山総監督手応え
27日(日)横浜スタジアムで行われた「AKB48高橋みなみの卒業コンサート」2日目の昼公演は、「AKB48グループ東西対抗歌合戦」。東軍(AKB48、SKE48/キャプテン:横山由依)と西軍(NMB48、HKT48/キャプテン:山本彩)にグループを分けて、パフォーマンスを競う、AKB48グループにとって初の試みのイベントとなった。 会場が横浜スタジアムということで、3イニングに分けて対戦するなど演出やルールも野球の要素を取り入れて実施。オープニングでは、プロ野球の試合のようにスターティングメンバーが発表され、『Show Fight』で東軍と西軍が競演。幕開けからガチンコの対決ムードとなった。 観戦するファンも、1塁側に東軍ファン、3塁側に西軍ファンが陣取り、それぞれのグループを応援。球場が一体となっての東西対決となった。 1イニングは、シングル曲や公演の全体曲などで、それぞれのグループが特色を出し合って対決。中でもSKE48は、新しくキャプテンに就任した斉藤真木子が「これからも熱いパフォーマンスを届けます!」と宣言した通り、キレのあるダンスをみせ、東軍メンバーと応援団を鼓舞した。 2イニングは、グループ入り乱れてのユニット対決。東軍が、SKE48の東李苑の伴奏で、柏木由紀と渡辺麻友が『初日』を歌い上げれば、西軍も山本彩の弾き語りと白間美瑠の歌唱による『僕らのユリイカ』で対抗するなど、盛り上げた。 最終回の3イニングは、「全力MIXコール対決」として、ファンからの声援も審査に加味される対決となり、ステージ上のメンバーだけでなく、会場のファンも一体となっての盛り上がりを見せた。両軍互角の戦いかと思われたが、審査員票の支持が集まった東軍が一気に17票を獲得する結果に。 合計得点も、東軍が19点、西軍が8点と大差がつき、第1回AKB48グループ対抗歌合戦は東軍の勝利となった。 点差はついたものの、各グループが特色を出したいつも以上に気合の入ったパフォーマンスが繰り広げられたことで、横山由依グループ総監督も「各グループの良さが出たと思います。これからも刺激しあって、48グループ全体が盛り上がれば」と、初めてのイベントに手応えをつかんだ様子だった。 (C)AKS