高校卒業の芹沢潤 制服姿見納め「4月からはコスプレになっちゃう」
現役女子高生グラドルとして人気を博し、”日本一スカートの短い女子高生”としても話題をさらった芹沢潤が、この春高校を卒業した。27日(日)には4枚目となるDVD『潤はもう18だから』(ラインコミュニケーションズ)をリリース。その記念イベントが秋葉原・ソフマップアミューズメント館で開催された。 卒業式を終え「暦上は、3月31日までが女子高生です」と笑う芹沢。この日が最後の現役制服姿ということで、報道陣の前にお目見えした。「高校生最後のDVDということで、2年前に出した『潤はまだ16だから』とから成長した感じを見てほしいです」と笑った。 撮影はサイパンで行われ、得意のダンスを生かしたセクシーなシーンのほか、90cm Hカップの健康的なぷるるんバストも堪能できる。見どころは何と言っても見納めの制服姿だが、「”日本一スカートの短い女子高生”というキャッチフレーズがインパクトあり過ぎて、これを超えるものがなかなか思いつかないんですよー」と目下悩み中。記者から「4月からは(制服姿が)コスプレになっちゃいますね」と言われ、「そうなんですよーほんとにイヤでー、もう制服着れないのとっても寂しいです」と話した。 高校卒業し、4月からは勉学との両立となるという芹沢は、今後の目標を聞かれたが「平凡な毎日。平常思考でーす。お仕事も今と変わらず元気いっぱいやっていきまーす」という意外な言葉が。しかし「18歳になったので子供っぽい性格を治します。でも制服は着ていきたいです」とアピール。「何歳まで?」と聞かれ「うーん、着られるんだったら30歳~40歳くらいまで」と宣言した。