三浦春馬 真っ赤なキンキーブーツ姿公開「高揚と共に身が引き締まる」
シンディ・ローパーが全曲作詞作曲、2013年のトニー賞で作品賞をはじめとする6部門を受賞する快挙を成し遂げた大ヒットミュージカルのオリジナルスタッフ陣が集結し、人気と実力を併せ持った日本人キャストで贈る最高傑作。 この度、2016 年7 月21 日(木)~8 月6 日(土)、東京・新国立劇場 中劇場、8 月13 日(土)~8 月22 日(月)、大阪・オリックス劇場にて、ブロードウェイミュージカル「キンキーブーツ」の上演が決定した。 経営不振に陥った老舗の靴工場の跡取り息子チャーリーがドラァグクイーンのローラに出会い、差別や偏見を捨て、ドラァグクイーン専門のブーツ工場として再生する過程を描いた2005年に公開されたイギリス映画をミュージカル化。シンディ・ローパーのパワフルで最高に魅力的な書き下ろしの楽曲の数々が大きな話題を集め、今もなおブロードウェイで人気を集める大ヒット作品になっている。 音楽・演出・振付はオリジナルをそのままに、主演のチャーリーとローラには、高い歌唱力を武器に「デスノート The Musical」のL役で評判を集め、来月、帝国劇場にて主演ミュージカル「1789−バスティーユの恋人たち−」が控える小池徹平と、主演映画「進撃の巨人」が大ヒット、卓越した歌とダンスで舞台での評価も高く、今回ブロードウェイミュージカルに初挑戦となる三浦春馬が初タッグ!ヒロインのローレン役には、抜群の歌唱力で舞台女優として幅広く活躍しているソニンが決定した他、ミュージカル女優としてのキャリアを着実に重ねている玉置成実などオーディションによって選ばれた魅力ある実力派俳優たちが集結した。 困難な中でも自分らしく生きることの大切さを教えてくれる、笑いと感動に溢れたブロードウェイミュージカルの最高傑作、日本人キャスト版「Kinky Boots」は7月21日より東京・新国立劇場 中劇場を皮切りに大阪・オリックス劇場にて上演。 さらに10月には、渋谷・東急シアターオーブにてブロードウェイミュージカル「Kinky Boots」来日版の公演も決定している。 先日、W主演の小池と三浦がキンキーブーツと映ったビジュアルの新チラシが解禁されたばかりだが、争奪戦が予想される来月4月9日(土)の一般発売を前に、初解禁となる新ビジュアルが公開された。 なんと、本国ニューヨークからはるばる届いた真っ赤な“キンキーブーツ”を、実際にはいたドラァグクイーン・ローラ役の三浦春馬。妖艶な赤の醸し出すオーラにも負けず、15cm越えの超ハイヒール“キンキーブーツ”を早くも履きこなした。もう既に夏の公演に向けて、高いヒールを履く練習を始めているという三浦、徐々に明かされるドラァグクイーン春馬の全貌にも期待が高まる。 <三浦春馬コメント> 「去年LAで、ドラァグクィーンが履く黒の15センチヒールブーツを脚を慣らすために購入しましたが、本国からお借りした真っ赤なブーツを初めて見たときは、妖艶で且つ迫力がありました。このブーツを履くことで背丈が増すという事は、それ相応の責任が増し、高揚すると共に、身が引き締まる思いでした。ミュージカルキンキーブーツの魅力を是非とも皆様に届けたい。劇場でお待ちしております。」