黒木華主演ドラマ「重版出来!」主題歌にユニコーン新曲『エコー』が決定
4月12日(火)からスタートする「重版出来!」(じゅうはんしゅったい)の主題歌にユニコーンの新曲『エコー』が決定した。ユニコーンのドラマタイアップは昨年1月クールの「残念な夫。」(CX)以来1年3カ月ぶり。 「重版出来」は、22時よりスタートする黒木華主演のTBS火曜ドラマ。原作は、2014年日本経済新聞「仕事マンガランキング」第1位を獲得した、月刊!スピリッツで好評連載中の人気コミック(原作:松田奈緒子)で、「週刊バイブス」の新米編集者・黒沢心(くろさわ こころ)が、一癖も二癖もある編集部員や漫画家たち、営業担当、書店員たちを巻き込み、一丸となって仕事に打ち込む、チーム戦記となっている。 キャストは連続ドラマ初主演の黒木華をはじめオダギリジョー、坂口健太郎、荒川良々、小日向文世、滝藤賢一、要潤、永山絢斗、ムロツヨシ、高田純次、安田顕、松重豊といった個性的な面々が集結してすでに話題を呼んでいる。 やりたい仕事じゃない、といい訳ばかりの営業マンが、本気で働く「景色」に魅せられた瞬間・・・自分の可能性を信じて一心不乱に漫画を描き続けて、漫画家という夢を叶える瞬間・・・。働く全ての人にエールを贈る、まさに本気で働く人たちの「想い」をこめた極上のお仕事ヒューマン群像劇。 そんな注目のドラマの主題歌を幅広い年代から支持を集める5人組ロックバンド、ユニコーンが担当するのは、ピッタリの相性と言えそうだ。 今年はメンバーのABEDON(阿部義晴)が50歳を迎えるにあたり、7月30日と31日に<ABEDON50祭「サクランボー/祝いのアベドン」>の開催が発表されるなど、またしても期待と注目を集めているユニコーン。こちらも見逃せません。是非、お楽しみに!