ジャパンサブカル・ロリータ映画「MOONBOW」イベントでHysteric Lolitaがライブ!
3月18日(金)、東京・恵比寿CreAtoにて映画「MOONBOW」のプレミアム試写会が開催された。この日のイベントに参加できたのは、映画のオフィシャルサイトでの募集で当選した幸運な80人。 映画「MOONBOW」のタイトルは、満月の前後にいくつもの気象条件が重なって出演する“夜の虹”に由来。「ムーンボウを渡ってご先祖様が帰ってくる」「見た人は幸せになれる」と言った言い伝えがあるという。そんなタイトル通り、幻想的で神秘的なストーリーに、海外からも注目されている“原宿かわいい文化”の一つであるロリータファッションを取り入れ、オリジナリティに満ちたダークファンタジーに仕上がった。 文化放送ラジオ番組「レコメン!」のパーソナリティでお馴染みのお笑い芸人「オテンキ」の“のり”が司会でイベントはスタート。まずは映画にも出演し、挿入歌も担当したガールズロックバンド、Hysteric Lolita(略称:ヒスロリ)のライブ。劇中でもライブシーンが観られるが、その場面と同じ衣装でメンバー5人が登場し、2月3日にリリースしたファーストアルバム『≠Not equal』に収録されている『REAL』を演奏し、会場の空気を一気に変えていった。 続いて、Raniが「ファーストアルバムの中からまだライブでやっていない初出しの曲をやりたいと思います」と言った後、『月の夜〜take me to your side〜』を披露。月を題材にした映画に合わせて選ばれた曲なのだろう。そしてラストは、光と真潮とうさぎのテーマ曲として劇中で使われている『Ready! It’s all right!』を。Layraもショルダーキーボードを抱えてステージ前方に出てアグレッシブなプレイを展開。イベント会場にライブハウスの熱気をもたらし、ヒスロリのライブは終了した。 司会者のりが佐々木友紀監督を呼び込み、上映に先駆けてのミニトークが行われた後、いよいよ映画本編が上映された。スクリーンに向かう80人は、主人公・光を中心に、真潮とうさぎのロリータファッションという共通の趣味で繋がっている女の子3人が友情と恋愛の間で揺れ動く様子を描いた物語の世界に引き込まれ、食い入るように見入っている。 およそ90分の上映が終わり、次に行われたのは監督と出演者たちによるトークコーナー。“ムーンボウ”の言い伝えを信じる主人公・光を演じた小宮一葉、友情を壊すきっかけとなった恋愛をする真潮役の小野まりえ、Angelic Prettyの甘ロリファッションを着こなすうさぎ役の香月。そして、ロリータファッションのカリスマモデルで日本ロリータ協会会長の青木美沙子、執事カフェの店員で真潮と恋に落ちるイツキ役の荒牧慶彦、光が働く旅行代理店の上司“服部”を演じた白須慶子。さらには、悪魔界の女王カフカを演じた大竹一重とHysteric LolitaのボーカルRaniがステージに登場。 小宮「光役をやらせていただいた小宮一葉です。普段なかなか言わないセリフを言わせてもらいました。設定も特殊だったんですけど、役に入り込むことができたと思います」 小野「ロリータさんが50人ぐらい集まって原宿を練り歩く場面があったんですけど、観光に来られてた海外の方が「Wow! Japan!!」って言って写真をいっぱい撮ってました。貴重な経験でしたね」 香月「注目してもらいたいのは衣装。実は今日の衣装はAngelic Prettyさんの新作をいち早く着させてもらいました」 青木「お姫様になりたい願望が女の子であれば誰でも持ってると思うんです。それを叶えてくれるのがロリータファッションの魅力だと思います。着るとテンションが上がりますので、皆さんも是非挑戦してみてください。あと、映画の中でロリータお茶会を行っているんですが、お茶会とかイベントでないとロリータさんを集めるのは難しいので実際にお茶会を開いて来ていただいて、そこで映画の撮影も行いました。リアルなお茶会が表現できたんじゃないでしょうか」 大竹「実は私、悪魔とか魔女をやらせていただく機会が多いんです。自分では選ばれる理由はわからないんですけど、演じるのはすごく楽しいですね。撮影では悪魔の衣装を着てるので、可愛いフリフリのゴスロリファッションが羨ましくて、現場でいつも『いいなぁ。私も着たいな』って言ってたんです。最終日、撮影が全て終わった後でみなさんが衣装を交換して記念撮影していたので『今がチャンス!』と思って参加させてもらい、衣装を着て写真を撮ったんですが、家に帰ってから写真を見たら気持ち悪くて思わずすぐに消去してしまいました。そんな苦い思い出もありましたね(笑)」 荒牧「僕は比較的出番が少ないので撮影秘話とかはそれほどありませんが、寒い時期にもかかわらず、森に蚊がいっぱいいたのが印象に残っています。スタッフさんが大変そうでした」 白須「私は光の上司ということで衣装も普通でした。ロリータファッションを私もしたかったんですけど、監督が「あいつは似合わない」と思ったんじゃないでしょうか(笑)。都市伝説は信じる方ですね。友情か恋愛かを選ぶとしたら私は恋愛を選びます!」 Rani「Hysteric Lolitaとして初めて映画に出演させてもらいましたが、演技はしたことがなかったので、さっき完成した作品を見て「下手くそで申し訳ないな」って気持ちになりました」 佐々木「ロリータファッションは単なる“洋服”というカテゴリーじゃなくて、美術作品的な印象も強くて、それを見ていたいとか、それを綺麗に撮りたいという気持ちになるんです。そしてこの映画は主にロリータを取り上げていますが、ファッションや音楽といったカルチャーの他に、出演者の皆さんも話してましたが友情や恋愛についてもいろいろと描かれています。今後、いろんなところで上映していく予定なので、是非たくさんの方に見ていただきたいと思っています」 6月3日から8日まで、オリンパス プラザ東京 ミニギャラリー(クリエーティブウォール)にて、映画「MOONBOW」の写真展を開催。6月4日にはイベントも行われる予定だ。