AKB48 横山由依が花粉症を受け入れられずメンバーからツッコミ
AKB48グループ総監督として人気の高い横山由依。初代総監督である高橋みなみの卒業を間近に控える中、横山由依が自身のツイッターでのつぶやきが話題となっている。 ここ最近、風邪が強く吹く日が多く、また雨の後に快晴の日があるなど、花粉が今年一番に飛び交っている。今年から花粉症になったという書き込みもSNS上で多く見かけ、みな苦しんでいるようだ。ちなみに筆者も重度の花粉症なので、その辛さは非常によくわかります。 さて、横山が何をツイッターでつぶやいているのか。 横山は、あるあるネタをツイッター上で毎日のように更新をしている。そんなあるあるネタで「なんか目がかゆい日だな〜 と思ってまさか自分が花粉症になったとは思わない。 花粉症初心者あるある。」とつぶやくと、その3日後には「花粉症ではないけど目がかゆすぎるからメガネしてリハしたよ」となぜか自分は花粉症ではないとアピール。 その後は日に日に花粉症らしき症状が出てくるようで「目がかゆい のは気のせい 鼻水がでる けどちょっとやから気のせい 花粉症ではない!! という気持ちでいます(笑)」とつぶやいた直後に、「昨日までは右目だけやったけど左目もかゆい さらにくしゃみもでてきた けど、ちがうと思ってる でもとりあえず目を洗うやつ買いに行こうかな」と弱気になりながらもまだ自分が花粉症であると信じたくない様子だ。 しかしその後、北原里英のツイッターにはバッチリと花粉症用の目を丸ごと洗うアイボンを手に持ちマスクをしっかりとした横山の姿が投稿され「いや、認めとるやないかい。 花粉症やないかい。」と北原からツッコミが。それでも認められない横山は「花粉症ではないと思いますが、 薬局に三つあるうちの 花粉のやつを選びました。」と負け惜しみつぶやきをしている。 横山も残念ながら、花粉症デビューとなってしまったようだ。