the GazettE3作品のジャケット・アートワークが連動し1枚の絵として表現
the GazettEが「the GazettE LIVE TOUR 15-16 DOGMATIC FINAL -漆黒-」にて初披露した最新シングル『UNDYING』のCDジャケット・アートワークが公開した。 『UNDYING』は、昨年8月に発表されたアルバム『DOGMA』の世界感・コンセプトを継承してきた3部作の最終章と位置付けられ、『DOGMA』、そして昨年11月発売のシングル『UGLY』、今回発表された『UNDYING』の3作品のジャケット・アートワークが連動し、1枚の絵として表現されている。 今回の解禁を皮切りに新ヴィジュアルをはじめ、全収録曲や、前作『UGLY』に引き続きメンバーが監督として制作にのぞんだというMUSIC VIDEOなど、リリースへ向け徐々に明らかになっていくとの事。 また先日、発表となった「PROJECT:DARK AGE」11番目のムーヴメント、今夏のスタンディングツアー『STANDING LIVE TOUR 16 DOGMATIC -ANOTHER FATE-』のFC先行チケット発売が3月21日よりスタート。4月からは3年ぶりとなる北・南米、アジア、EUを回るワールドツアーの開催も決定している。