JY=知英タワレコ1日ストアマネージャー就任 プレミアムライブも
先週3/16に最終回を迎えた日本テレビ系水曜ドラマ”ヒガンバナ~警視庁捜査七課~”の主題歌、『最後のサヨナラ』を歌っていた謎の新人女性アーティストJY(ジェイワイ)。先日その正体が元KARAで現在女優の知英(ジヨン)であることが発表された。 本人は「今回思いがけず、また歌うチャンスをいただくことが出来ました。歌うことが大好きなので、また皆さんの前で歌えると思うと本当に嬉しいです。」とコメントし、ドラマの主題歌であるデビューシングル『最後のサヨナラ』を3/16にリリース。 そのデビューシングル『最後のサヨナラ』の発売を記念して、タワーレコード渋谷店の1日ストアマネージャーに就任した。タワーレコード渋谷店では1階の大きな壁一面にJYの最新アーティスト写真の展示会も行っており、この度そのパネル展の前でストアマネージャーの就任式を実施。 タワーレコード渋谷店のスタッフより、「JYさん、今日は1日、ストアマネージャー、よろしくお願いします。」とタワーレコードのエプロンと”JY”と書かれた名札を手渡されると、JYは「頑張ります!」と元気よく答え、エプロンを付けると、恥ずかしそうにしつつも、スタッフと一緒に大きな声で「いらっしゃいませ」、「かしこまりました」など、挨拶の練習を行った. ひとつだけ、「またお越し下さいませ」をなかなか言えない場面もあり、「またお越しいただきます!」「またお越しくだしませー」と言い間違えたあと、最後はしっかり言えたところで、ファンから拍手をもらうシーンも。 その後、デビューシングル『最後のサヨナラ』が陳列されている棚にCDを補充するなど、任された仕事を楽しそうに取り組むと、最後に“JY”の初サインを自分の写真パネルに書き、ストアマネージャーの仕事をしっかりやり遂げた。 さらに、先日3/17には、ドラマ”ヒガンバナ~警視庁捜査七課~”のオープニングテーマである全編英語詞の曲『RADIO』がテイラースイフトやジャスティンビーバーら、グラミーアーティストを抜き去り、iTunesのポップトップソングチャートで1位を獲得し大きな話題となり、その事に質問されると、「まさかの1位にまだ信じられない、夢のよう」と語り、これからの目標は?の質問には、「これからはいい曲を作って皆さんに届けたい。アルバムや単独コンサートをやりたい」と、歌手活動に意欲的だった。 尚、今回、この就任式後にはタワーレコード渋谷店B1F にあるライブスペース”CUTUP STUDIO”にてプレミアムライブを実施、デビュー曲の『最後のサヨナラ』とカップリング曲の『さよなら私の少女』を2曲披露し、ラッキーにも抽選で当たったファン300人を魅了した。更に、2曲歌唱予定だったのにもかかわらず、盛り上がったファンからのアンコールが鳴り止まず、急遽『オリビアを聴きながら』を披露する場面も。日本では『最後のサヨナラ』、海外では『RADIO』でアーティストとして快進撃中のJY、今後の動きに目が離せなくなりそうだ。