palet井草里桜菜高校を卒業「両立を応援してくれた皆さんに感謝」
透明感あふれるビジュアルで、アイドルの王道を行く6人組ユニットpalet。このたび“紫担当”の“りーちゃん”こと井草里桜菜が13日(日)、めでたく高校を卒業した。 彼女はTwitterで「井草里桜菜、高校卒業しました!中学生からpaletとして活動してきたので高校受験の時からたくさんの方に支えてもらって無事卒業することができました!」とファンに報告。卒業証書を手に校門前で撮った、卒業スナップをアップした。その表情は実に晴れやかで可愛い。 さらに「3年間の思い出はほぼpaletでした。その代わり普通の学生では体験できないことをたくさんすることができました。でも歌やダンスを学べる学校に入れて更に好きになれたの…」「芸能活動との両立を応援してくれていた皆さんに感謝して、これからも全力で頑張ります!本当にメンバー、プロデューサー、マネージャー、先生、家族にはたくさんお世話になりました」と3年間の抱えきれない思い出とともに、学業との両立を支えてくれた人たちに感謝の意を表した。 井草の高校卒業を祝い、同じく高校を卒業した、サンミニを兼任しているメンバーの渡邊真由から「りーちゃん卒業おめでとう♡」と書き込みが。それに反応し「まゆと私は#永遠のjk だよね」と絆を深め、サンミニメンバーで日テレジェニックに選ばれた久松かおりからも「りおなー!卒業おめでとう♡♡自分の事のように安心しました(笑)こらからもお互い頑張っていこーね!*°」と先輩らしい“はなむけの言葉”が贈られた。また元paletメンバーの君島光輝からも「あぁぁぁーー♡自分のことみたいに安心した((T_T))笑三年間よく頑張ったね♪おつかれ、りおな!卒業おめでとう♥(*^^*)」と感涙の言葉が贈られるなど、ファンからはもちろん、たくさんのお祝いメッセージで溢れた。そんな井草は、17日に迎えたSUPER GiRLSの渡邉幸愛の誕生日に“おめでとうメッセージ”を贈るなど、細やかな心配りも見せた。 paletは昨年12月、武田紗季と中野佑美が卒業、代わって小磯陽香と一ノ瀬りとが加入した。3月19日には新体制となって初めてのワンマンライブが代官山LOOPで行われるが、チケットはすでにSOLD OUT。高校を卒業し、これからは“アイドル道一本”で突き進む井草をはじめとした、新生paletからますます目が離せなくなってきた。