原田知世『恋愛小説』シリーズ第2弾のリリースが決定!
2015年3月にリリースした14年ぶりのカヴァー・アルバム『恋愛小説』で、等身大の大人の恋愛を演じるように歌う姿が絶賛され、改めてシンガーとしても注目を集めている原田知世。 そのリリースからちょうど1年経った本日(3月18日)、シリーズ第2弾『恋愛小説2~若葉のころ』が5月11日に発売されることが発表された。 今回も、独特の透明感と凛とした輝きはそのままに、奥深い表情を湛える歌声でそれぞれの歌詞の主人公を演じるように歌う、女優であり歌手である原田知世ならではの作品に仕上がっている模様。 前作が英語曲のカヴァー集だったのに対し、今回は全編邦楽曲で構成されている。選曲テーマは、「原田知世の少女時代」で、姉と一緒にテレビの歌番組を観て歌手のマネごとをしていた故郷・長崎時代から、映画のオーディションに合格し東京に出て芸能界デビューした頃(1970年代半ば~1980年代前半)にかけて流行したポップス/歌謡曲をカヴァーしている。その選曲は、荒井由実、大貫妙子、久保田早紀などのシンガー・シングライターから、キャンディーズ、山口百恵、松田聖子などの当時のアイドルまでと幅広いが、大半が本人にとって思い入れの深い曲だという。 プロデュース及び楽曲アレンジは、前作に引き続き、近年の原田知世作品を手掛ける、ギタリスト/作曲家の伊藤ゴローが担当。バックを固めるバンドは、近年レコーディングやツアーを共にしている信頼するミュージシャンたちである。 初夏にぴったりの爽やかなサウンドを期待しつつ、リリースを待ちたい。  【原田知世からのコメント】 こんにちは。原田知世です。 このたび、『恋愛小説』の第2弾をリリースすることになりました。 前作は洋楽のカヴァーでしたが、私がデビュー前後に好きだった邦楽のポップスや歌謡曲を歌いました。 私にとっては思い出深い、大切なナンバーばかりです。 今回もプロデューサーの伊藤ゴローさんをはじめ、ツアーを共にしている素敵なミュージシャンの方々と一緒に作りました。 みなさまにも長く愛していただける作品になったと思いますので、どうぞ楽しみにしていてくださいね。 (C)Takehiro_Goto