高橋みなみ×秋元康氏 「いじめを考えるキャンペーンソング」を制作
“NHKいじめを考えるキャンペーン”では全国から歌詞を募集して作られたキャンペーンソングを3/19(土)Eテレ夜7時から生放送の『いじめをノックアウトスペシャル第7弾 僕にできること。君にしかできないこと。』で初披露する。 この楽曲は全国から募集したおよそ1300の歌詞アイデアをもとに高橋みなみが作詞、秋元康氏がプロデュースしたもの。作詞家・作曲家などの皆さんのご厚意により、この楽曲から発生する著作権料は子どもの相談窓口「チャイルドライン」に寄付され、ネット相談窓口の早期開設などサービスの向上・拡充のために使われる。 2015年10月10日に放送された「いじめをノックアウトスペシャル第6弾」で発表された曲に合わせて「いじめを減らしたい」という空気を広げるための歌詞を募集、全国から1308の歌詞が集まった。友だちと過ごす時間を歌った歌詞、いじめる側・いじめられる側両方が歌えるよう考えられたことば、つらかった過去の自分へのメッセージ…。高橋みなみがその1つ1つを読み、そこに込められた意味を考え、自身の経験も交えながら作品に仕上げていった。完成した歌は3/19(土)夜7時Eテレで生放送される「いじめをノックアウトスペシャル第7弾」で初披露される。 「歌えばいじめが無くなるということではなくて、何かを考えるきっかけにしたい-」高橋みなみさんのことばを受け、今後曲のカラオケや楽譜を公開し、学校行事や職場、家庭などで様々な人たちに自由に歌ってもらえるようにする予定だ。歌を通していじめを考える空気を広げていくため、この曲を自分なりに“歌ってみた”動画を大募集!完成した曲をそのまま歌ってもよし、伝えたいことばを詞に込めてもよし、振りを付けてもOK。自分なりにいじめについて考え、歌った動画を募集し、いじめを考えるキャンペーンサイトや番組でご紹介していく。合言葉は「Sing,Think,Link!」 楽曲は「いじめを考えるキャンペーンソング」サイトにて3/19(土)生放送後の21時以降よりいつでも聞けるようになる。また楽譜やカラオケも順次公開予定だ。