AKB48の人気番組がセクシーバトル決着で遂に終了へ
AKB48メンバーが出演し人気の高い番組である「有吉AKB共和国」(TBS系)が終了することが発表された。 3月14日深夜の放送では、「番組を終わらせたい」というラーメン評論家である石神秀幸や、オカルト評論家の山口敏太郎、かっぱに扮したAKB48伊豆田莉奈などが反乱軍としてゲスト出演。番組を終わらせたくないAKB48メンバーである、番組MC小嶋陽菜率いる共和国軍(高橋朱里、西野未姫、小笠原茉由、中西智代梨)が様々なセクシーゲームで対決をした。 結果、両チーム引き分けとなり、共和国軍が勝利できなかったことで、MCの有吉弘行より番組は3月28日をもって最終回となることが発表された。各メンバーは悔しがり泣いている真似をするが…とにもかくにも、本当に番組は終わってしまうようだ。 実は、この番組の公式ツイッターがすでに最終回を収録したことを事前にアップし「最終回!本日収録終わりました。皆様長い間ありがとうございました。」と3月8日の時点でつぶやいていたことで、話題となっていた。ファンの多くはツイッターで「あれ?本当に終わるの?」と戸惑いを隠せない状況となっている。 そして、最終回も近いということで、AKB48の西野未姫が大好きだと話す「温野菜」をみんなで食べるという夢を叶える企画を急遽開催。有吉弘行と西野が温野菜へ一緒にいきたいと話していたことから実現したこの企画。温野菜に行き尽くしている西野が、完全な鍋奉行ぶりを発揮。西野流の食べ方をメンバーへ強要し周りのメンバーを困惑させながらも爆笑を取る。ただ、どの食べ方も有吉も絶賛する程の美味しい食べ方で笑顔のまま企画は終了した。 番組終了まであと2回、次週のゲストが高橋みなみ、峯岸みなみ、指原莉乃というゴールデンタイム並みの豪華なAKB48グループメンバーとなる。特に指原はこの番組がきっかけで大ブレイクをした過去があるだけにどんな恩返しをするのか? また、何度も番組終了の危機に直面しながらも2010年からここまで約6年間存続してきた「有吉AKB共和国」だけに、本当に告知通りに番組は終了するのか?気になるところだ。 写真(C)AKS