ブレイク☆スルー新曲発表にマーク・パンサー登場
人気急上昇中のブレイク☆スルーが、2016年3月13日にZeppダイバーシティ東京で行われたFabFesにて新曲『ワンパン!!』『MONEY on the GAME』を初披露した。 『こりゃたまらんぜ』から始まったライブは、新曲の『ワンパン!!』で一気にヒートアップ。globeのマーク・パンサーも参加し4月26日に発売する新曲『MONEY on the GAME』を初披露し大盛り上がりでライブを終えた。マーク・パンサーは今回のFabFesの為にフランスから来日していた。 マークは、「globeは今年20周年。いろいろなことに挑戦したい。三人で活動できないので、それもありDJになろうと思った。いくら3000万枚CDを売っても2-3ヶ月で人々は忘れてしまうので、毎週来日して、何千万人の前でグローブのリミックス曲を掛け、記憶に残すということを心がけている。ちょうどglobeが20周年だからそういうことも行っている。他にも何かやりたいが、具体的に決まっていない。グローブは親友・家族とはまた違った絆。喧嘩もしたことないし、やっぱり好きなんだ。」と話す。 ブレイク☆スルーと作曲をしたマーク・パンサーは今回のFabFesで実は初対面。フランス在住のマークとのやりとりはメールで行っていたという。楽曲を制作する上でのやりとりについて「時代が時代なので(メールで)ピンポンゲームのようにやりとりした。初めて詩が来た時、『そうくるんだ!なるほどね!イイじゃん』と思った。僕が書いたらぐちゃぐちゃの恋愛になりそう。こういうところにコラボの面白いところもあるんじゃないかな。こっちもすっごい刺激になりました」と共同作業の裏側を話した。 今後は『MONEY on the GAME』を基にリミックスも作る予定とのこと。マークはglobeの20周年つながりで「2020年のオリンピックの時に何かやりたい。例えば応援歌みたいな歌。ブレイク☆スルーと同い年ぐらいの選手がオリンピックに出るから、その時にまたやろう!」と話し今後のブレイク☆スルーとのコラボも期待できる発言もしていた。 【ライブを終えたメンバーコメント】 SHUNSUKE 「スプリングライブということで、空気が全体的にあったかくて、素敵なライブになりました!今回、新曲の初披露ということでマーク・パンサーさんが来日してくださり、スペシャルなライブになりました。お客さんもとてもびっくりしてましたが、すぐに楽しんで一緒に振りをやってくれて嬉しかったです!本当に素敵なライブでした!また技術を磨いて参加させていただきたいと強く思いました!ありがとうございました!!」 YUTO 「最高に楽しいLIVEでした!マーク・パンサーさん、FISHBOYさんとのコラボ曲を初披露ということで、マーク・パンサーさんがフランスから来日してくださいました!!会場のみなさんの暖かさもあり、本当に楽しくて会場が一つになった気がしました。コラボレーション最高!と思いました! 素敵な出演者の方々と同じイベントに出させて頂き幸せです!ありがとうございました!」 TAKANORI 「FabFesトップバッターのブレイク☆スルー赤色担当、TAKAです!最高の盛り上がりでスタートしたこのイベント、気付けばもうあっという間でした!!ブレイク☆スルーのファンじゃない方も一緒に声出してくれたり、一緒に振りをして頂けたり、一つになった最高のLIVEで、最高のイベントだと思いました!」 RYOYA 【振付を担当したFISHBOYコメント】 「彼らの良いところは自分を壊すことに何のためらいも無いこと。そして練習へのモチベーションが物凄く高いこと。今回の曲や詞自体も格好良さとコミカルの両極な二面が次々と展開されていくので、彼らの大胆さは振りを作る上で長所となりました。ファイト!ブレイクスルー!」