AKB48ヒット曲を振り返る、ヘビロテで切り開き恋チュンで頂点へ
AKB48の10周年記念シングル『君はメロディー』が発売された。前田敦子、大島優子、板野友美、篠田麻里子などの卒業したOGも参加する豪華なシングルとなった今作。 AKB48といえば、シングルを発売すればミリオンの大ヒットを連発。ここまで数々の名曲を生み続けてきた。 そんな中で、10周年記念シングルが発売されたことで、一区切りがつき、次世代へとバトンタッチをしていく形となっている。AKB48の「第二章」が始まる2016年、いままでのシングルを振り返ってみたい。 まず、AKB48といえばインディーズ~初期の代表曲である『会いたかった』から『言い訳Maybe』まで王道のアイドルソングを中心に発表をしてきた。転機は『RIVER』。いままでのアイドルらしい楽曲から一転、攻撃的で力強いこの曲で可愛いだけじゃないAKB48を見せつけた。この『RIVER』は秋元康氏としても勝負をかけた楽曲であり、AKB48が上り詰めるために唯一メンバーに対してメッセージを送った楽曲と言われる。『RIVER』のヒットで、「数多くいるアイドルグループの一組」でしかなかったAKB48が頭一つ抜けたターニングポイントとなった。 そして、すぐにもう一つの転機は訪れる。『ヘビーローテーション』だ。ここまで高橋みなみと共に、絶対的なセンターとしてAKB48を支えてきた前田敦子ではなく、総選挙で1位を獲得した大島優子が初のセンターとして発売した楽曲である。元気いっぱいなカウントから始まるギターが特徴的なロックナンバー調の王道J-POPとして、とにかく突き抜けるテンションで楽曲は進む。蜷川実花が監督をしたMVと相まって、女性人気が爆発。それまでは、圧倒的な男性ファンからの人気で支えられてきたAKB48が、まさに『ヘビーローテーション』で国民的な知名度を獲得した。 そして、ここからAKB48の人気を決定づける、歴史に残る名盤が生まれるまで幾らか時間がかかる。その名盤は『恋するフォーチュンクッキー』なのだが、ここにたどり着くまでには、センター交代や世代交代などありながら、数々の名曲が生まれている。しかし、その中でも『恋するフォーチュンクッキー』は、音楽専門誌の編集や評論家もうならせる楽曲となり、センターを務めた指原莉乃のその後の大活躍とともに、AKB48を国民的人気のアイドルグループとして決定づけた一曲になる。 海外では流行の兆しが見えていたソウル、ディスコのアレンジを上手く取り入れながらも歌謡曲の匂いも聞かせる懐かしくも新しい楽曲を作り上げた。誰でも踊れる振付も話題となり、まさにアイドル=AKB48という図式を一気に拡めることに成功した。この楽曲で、まさに老若男女誰もが知るアイドルグループとして、AKB48の人気は急拡大した。 そして、今後のAKB48はどうなっていくのか?その鍵は、シングル曲ではないが大きな話題となった『365日の紙飛行機』にある。『恋するフォーチュンクッキー』でまさに、「誰でも知っている」歴史的な楽曲を作ったAKB48。その後の課題として、『恋するフォーチュンクッキー』と同じく、誰もが口ずさめる「国民的な代表曲」を作ることが必要とされていた。それが、『365日の紙飛行機』だろう。 これまで取り上げたどの曲とも違うのは、ダンスを捨て(実際に振り付けはあるが)歌で勝負をかけた、という点にある。その勝負曲のセンターに、実力派のNMB48山本彩を大抜擢、見事に山本がこの楽曲を歌いきり期待に答える形で名曲を作り上げた。 そして、10周年記念シングル『君はメロディー』は懐かしさを感じさせる魅力的な楽曲となっている。ここからスタートするであろうAKB48の次なる展開。場面場面で確実に歴史的な名曲が生まれるこのグループだけに、今後もどういった楽曲で勝負を仕掛けてくるのか?注目したい。(武田瑠羽) 写真(C)AKS/キングレコード