モーニング娘。’16新曲サプライズ披露 鈴木香音ラストシングルに
モーニング娘。’16の春のコンサートツアー<モーニング娘。’16コンサートツアー春 〜EMOTION IN MOTION〜>が3月12日のオリンパスホール八王子からスタートした。初日公演では、モーニング娘。’16の61枚目となるシングルについて発表がなされるとともに、収録曲の中から新曲『Tokyoという片隅』がサプライズ披露された。 今回のツアーは、5月末にグループおよびハロー!プロジェクトを卒業、芸能界を引退する鈴木香音にとってラストツアーとなる。とりわけ海外ファンから絶大な人気を誇る鈴木。その卒業が発表された際には、日本国内のファンだけではなく、情報は瞬時に海を渡り、海外のファンにも大きな衝撃を与えた。 そんなラストの瞬間に向けて始まった日。最初のMCで、鈴木は「ついに初日を迎えました! このツアータイトルの通り、みなさんの心を掴んで、動かせるような公演にしたいと思います。」と挨拶していつもの笑顔を見せると、詰めかけたファンは、彼女のラストツアー大成功に向けての完全バックアップを誓うかのような雄叫びにも似た大声援で応えた。 そして同時に、鞘師里保がいないモーニング娘。’16が迎えた、初めての単独ツアーでもある。かつて、「超えていけ。過去も、私も。」というモーニング娘。’14にまつわるキャッチコピーがファンを中心に大きな話題になったことがあったが、本ツアーでは当然、モーニング娘。’16はモーニング娘。’15を超えなければならない。彼女たちひとりひとりが、このことを意識していたはずだ。 “EMOTION IN MOTION”、それは動きの中から生まれる感情。アップデートし続けるモーニング娘。’16の新たな躍動を感じさせるような、そんなライブが展開される。最新曲『冷たい風と片思い』『ENDLESS SKY』そして『One and Only』と、めまぐるしくフォーメーションを変化させながら、時に激しく、時にしっかりと歌を聴かせる12人(足を負傷している野中美希は座ってのパフォーマンスとなった)。 2月末にヒューストンで行なわれた<Anime Matsuri>にて、開催10年の歴史を塗り替える動員記録を打ち立て、言葉の壁を越えてアメリカのオーディエンスをも熱狂させたモーニング娘。’16。ツアー初日公演も、冒頭から釘付けにされて、公演はあっという間に本編終了を迎えてしまう。実際、そのように感じてしまったファンが大多数だったはずだ。 ニューシングルの発表があったのは、アンコール。ステージ上のビジョンに表示された『Tokyoという片隅』という初めて目にするタイトルと、「作詞・作曲:つんく」という見慣れた文字。そしてこのまま初披露へ。オーディエンスは、つんく♂がモーニング娘。’16に贈ったこのこの真新しい楽曲を聞き漏らさないようにメンバーのパフォーマンスに目と耳を集中させていた。 初披露を終えて、リーダー・譜久村聖から、61枚目となるトリプルA面シングルが5月11日にリリースされることを明かされると、会場は大きな歓声で沸く。なお、このシングルは、鈴木香音にとってラストシングルになる。そして走りだしたモーニング娘。’16春のコンサートツアー。このファイナルは、5月31日の日本武道館。<モーニング娘。’16コンサートツアー春~EMOTION IN MOTION~鈴木香音卒業スペシャル>と題された、鈴木の卒業公演となる。 「こんな幸せな光景って他にない。すごく幸せな光景で、本当にいい宝物が日々いただけてる。こんな素敵なみなさんに出会えて、私の人生は幸せだなって思います。」 初日公演の最後の挨拶でそう口にして、つい涙をこぼしそうになってしまい、即座にとびっきりの笑顔を作っていた鈴木香音だった。 またモーニング娘。’16をはじめ、ハロー!プロジェクトの各グループが総出演する<Hello! Project ひなフェス2016>は、3月19日と20日にパシフィコ横浜にて開催される。 <譜久村聖 コメント>(終演後のコメント) いよいよ初日を迎えました! モーニング娘。’16が12人体制となって初めてのツアー、一人一人が沢山の事に挑戦しています。5月11日発売の新曲「Tokyoという片隅」も披露し、新しいフォーメーションダンスも増え、更に強化されたモーニング娘。’16を観ていただけたのではないかなと思います!メンバーの野中美希が足の怪我の為、大事をとって座っての参加となってしまいましたがリハビリも頑張っています。しっかりと12人でのパフォーマンスを観ていただけるのも楽しみです。 鈴木香音の卒業も、控えています。今日から5月31日まで12人で突っ走ってまいりますので、皆さんぜひコンサートに、遊びに来てください! <鈴木香音 コメント>(終演後のコメント) 鞘師卒業後初のツアーなのですが、常に体制が変わっていくモーニング娘。なので今回のツアーも一度限りのメンバー編成となっています。卒業を発表してから1ヶ月と少し、ファンの方から色々な意見を頂き、卒業後の夢に向かう力がより一層湧きましたし、このツアーのラストまでモーニング娘。として全力で走りぬく力も頂きました。私にとってはラストツアーですが、これからもモーニング娘。は続いていくので、少しでも力になれたらと思いながら活動したいと思います。 そして、モーニング娘。としては61枚目のシングル、私にとってはラストシングルの発売も決定しています。45枚目からの参加でしたが、61枚の歴史に参加できた事を嬉しく思います。今回もモーニング娘。らしい個性の強い3曲となっていて、いろいろな形で楽しめると思います。是非沢山聞いてほしいです!