AKB48 グループ全5劇場で3.11復興支援公演を開催
AKB48グループは、「誰かのために」プロジェクトの一環として、本日・3月11日(金)、AKB48グループは、全国の劇場で「東日本大震災復興支援特別公演~誰かのためにプロジェクト2016~」を行った。 今月6日(日)に岩手で行われた復興支援ライブに続き、本日は「東日本大震災復興支援特別公演」を、各劇場で実施。今年から、新たにNGT48も加わり、国内全5グループでの実施となった。 公演の開始前のリハーサル時には、震災が起きた午後2時46分に合わせ、各劇場で1分間の黙とうを行い、開演前には、各劇場で、これまでの「誰かのために」プロジェクトの活動が映し出され、会場に集まったファンに、被災地への支援を呼びかけた。 その後ステージにメンバーが登場し、各劇場を順番に中継でつなぎ、各グループの代表が挨拶と特別公演への意気込みを述べ、公演に臨んだ。 特別公演の1曲目は、5グループの本公演出演メンバーが心をひとつに合同で『掌が語ること』を歌唱。その後は、各劇場で、この日のために用意されたセットリストで公演を行った。 また、各グループともに終盤に、このプロジェクトのタイトルにもなっている『誰かのために』を披露。来場者からは温かい拍手が送られ、復興支援特別公演は幕となった。AKB48グループは、今後も東日本大震災復興支援の活動を続けていく。 写真(C)AKS