NMB48渡辺美優紀は魔性の最先端を行く?
NMB48が学校では教えてくれない、さまざまなことを学んでいく「NMBとまなぶくん」(カンテレ)。10日深夜放送では、心理テストでメンバーの本音が次々暴かれた。 「アリの行列が何をしにいくところか?」で”人づきあいのうまさ”をが暴かれるテストでは、渡辺美優紀、上西恵、木下春奈、渋谷凪咲、須藤凜々花、川上礼奈が「広く浅い付き合いに終わる」と診断され、「あったてるー!」と渡辺。渋谷も「みんなと仲いいけど、特定の人しか本気の話はしないです」と納得。木下も「マネージャーに”広くて浅すぎる”って怒られました」と暴露。「お互いに各々のことはよく知らないってこと?」と聞かれると、渡辺が「知らない」と言い、また木下が「ここ全然仲良くない」と発言して笑いを誘っていた。「好き嫌いが激しい」と診断された薮下柊は、「普通の付き合いのひとはいない」と言うが、渡辺は「え?普通しかいない」と当然といった面持ち。好きか嫌いか分かれるなら、”めっちゃ好き”な人は誰かを聞かれた薮下は「なぎさです」と指さすが、渋谷は「広く浅く」タイプということで、MCのかまいたち濱家から「ただのメンバー」と言われてしまった。 「恋愛の魔性度」が分かるというテストにはメンバーが一気に盛り上がり、濱家から「女子出過ぎー、みんな聞いて!」と注意されてしまうほど。「上品な恋のアプローチ・魔性度45%」と診断された中に渡辺が居り、「魔性の最先端走ってる感じするけど」と言われ、「自分に気があるか無いか分析してからどうするか決める」と笑顔を見せると、「魔性やで、それ」と諭されてしまった。「恋に手段を選ばない・魔性度70%」と診断されたのは山本彩、薮下、谷川愛梨。相手を束縛する面もあるという説明に「さやか!さやか!」と名指しされた山本は「うそー!?私メンバーのこと(束縛)したことないじゃない」と反論するも「異性になると絶対する!」と断言され「私の何を知ってるんですかー」と困惑していた。 写真(C)NMB48