miwa史上歴史に残る最高のツアーファイナルは日本武道館2DAYSで2万人
miwaが初のバラードコレクションアルバム『miwa ballad collection ~graduation~』を携え、全国13都市18公演で展開したツアー「miwa “ballad collection” tour 2016 ~graduation~」のファイナルを3月9日、日本武道館で開催した。 昨年3月にアコギ1本で開催された公演以来1年ぶり、バンドスタイルとしては初となる日本武道館での2DAYSとなった。miwaのライブに集まった観客は2日間合わせて2万人。 今回は初めてバラードコレクションツアーと銘打ちいつもの元気いっぱいとなるmiwaのライブとはまた違う一面を魅せるツアーとなった。 会場が暗転すると、miwaによるポエトリーリーディングが始まり、真剣に耳を傾ける観客。miwaの登場と共に会場のボルテージが上がると、1曲目からデビュー当時から絶大な人気を誇るバラード曲『めぐろ川』を披露し、早くも会場は感動ムードに。その後もホームページでファンから募集した曲にまつわるポエムを読みながら歌詞をしっかり噛みしめるように歌うmiwa。 着席しながらじっくり聴かせる曲が続いた後、『Chasing hearts』、『春になったら』等リズムのある曲を続け会場を盛り上げ、ライブも中盤を経た頃、miwaのポエムにのせて登場したバイオリンの美しい旋律。なんと、美人バイオリニスト宮本笑里がサプライズ登場した。会場が騒然となるとそのまま昨年大ヒットしたバラード『夜空。feat.ハジ→』のイントロが始まり、コラボをしたハジ→も登場し大きな拍手に包まれた。miwa、ハジ→、宮本笑里、となんとも新鮮でバラードツアーに相応しい豪華なサプライズに会場は一体となった。 その後、miwaのバラード代表曲ともいえる『片想い』ではmiwaがステージセンターに設置されたグランドピアノに座り、弾き語りを披露。 演奏中にバイオリンを手にした宮本笑里が再登壇し観客を魅了。2人にmiwaバンドとハジ→も加わったアップナンバー『ミラクル』では更に盛り上がりを見せると、『君に出会えたから』、『ヒカリヘ』とシングル曲を続けた。 昨年の11月にリリースされた“誕生”をテーマにしたバラード曲、『あなたがここにいて抱きしめることができるなら』ではステージに映し出された映像マッピングに、赤ちゃんの写真が流れ(miwaの友人やスタッフの子供らしい)、miwaの伸びやかな歌声に相まって会場全体が温かく優しい空間となった。 本編ラストでは、「皆のおかげで沢山の夢が叶いました。皆と会って新しい夢も出来ました。18才の時にこの曲を書きましたが、今もこの気持ちは変わらないです。」と語るとmiwaがデビュー前、高校生の時に作ったバラード『つよくなりたい』を会場の観客への応援と共に自分に言い聞かせるように歌い締めた。 アンコールではmiwa本人が観客に対して振付を指導し、紅白で使用したギターを使って『fighting-φ-girls』をファンと大合唱。『ストレスフリー』を披露した後、 最終日となる公演に「このツアーはmiwa史上歴史に残る最高のツアーになりました。皆がいてくれたから強い想いを抱くことが出来ました。本当にありがとうございました」と涙を浮かべながら感謝の気持ちを伝え「これからも皆と未来を描いて沢山夢をかなえていきたいです」とラスト曲『Delight(English ver)』をギター1本、miwa1人の弾き語りで熱唱しツアーを締めくくった。 【miwa “ballad collection” tour 2016 ~graduation~セットリスト】 M1 めぐろ川 M2 ホイッスル~君と過ごした日々~ M3 Dear days M4 Chasing hearts M5 春になったら M6 441 M7 friend~君が笑えば~ M8 月食~winter moon~ M9 夜空。feat.ハジ→(with 宮本笑里、ハジ→) M10 オトシモノ M11  片思い(with 宮本笑里) M12 ミラクル(with 宮本笑里、ハジ→) M13 君に出会えたから M14 ヒカリへ M15 あなたがここにいて抱きしめることができるなら M16 つよくなりたい EN1 fighting-φ-girls EN2 ストレスフリー EN3 again×again EN4 Delight(English ver.) (Photo by 佐藤 薫)