高橋みなみが撮影するAKB48メンバーが可愛すぎると話題に
4月8日、秋葉原のAKB48劇場での卒業公演をもって10年間のAKB48としての活動を終える高橋みなみ。 総監督として、300人を超えるグループをまとめてきた「たかみな」が、’14年9月から始めたSNS「755」やTwitterにアップした3千枚以上の写真から約820枚を厳選し、一冊にまとめた書籍が「写りな、写りな」(光文社刊)だ。 メンバーの楽屋裏での素顔や表情は、まさにたかみなにしか撮れないショットばかり。また、たかみなの手料理やファッションなど、プライベート写真も満載。特に、肉じゃがや朝ごはんなどは、思わず食べたくなるごちそうばかり! 前田敦子や秋元才加など、卒業メンバーとのショットもふんだんで、仲睦まじい写真を見ていると、ほのぼのとしてきて楽しい。 「この本のカメラマンは、私、高橋みなみです!じつは内外から「たかみなが撮るメンバー写真がカワイイ」と好評なのです(笑)。 コンサート前にわちゃわちゃ騒いでいるいつもの楽屋、握手会の休憩時間に気の合う仲間とリラックスしているメンバーたちなどなど、みんな本当にいい顔してるんです。この本には高橋みなみにとって大切な仲間やもの、時間がすべて詰まっています。大げさではなく、これがAKB48で10年間を過ごした私の青春の集大成です。たくさんのメンバーの写真や自撮り写真にまじって、私がふだん使用しているコスメやファッション情報なんかも載っています。需要があるかは別として(笑)」と話す。 特別付録として、たかみながこよなく愛す、猫のにゃーちゃん写真館や、たかみなの名言&自撮り写真のシール。さらに、グループメンバーからたかみなへの質問やメッセージなど読み応えもたっぷりの一冊となっている。 注目の『写りな、写りな』はこちらから購入! 編集部作成、スライドショーはコチラクリック