三代目JSB 『Feel So Alive』のMVで「和」を表現
三代目 J Soul Brothers 『Feel So Alive』のミュージックビデオが動画配信サイトにて公開された。先日発表された3月30日発売の通算7作目となるニュー・アルバム『THE JSB LEGACY』のリード曲だ。同アルバムは、100万枚を超える出荷を記録し、あらゆる年間の賞を総なめにした前作『PLANET SEVEN』から一年、初の全国ドームツアーを経て、さらに進化を遂げた三代目 J Soul Brothersが贈る渾身の作品。 MVでは、三代目 J Soul Brothersメンバー一人一人が個性光るキャラクターとして登場する。 ■ 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE / Feel So Alive 彼らの新しい魅力がたっぷりと見られる作品となっているが、注目したいのはその設定だ。 新曲『Feel So Alive』は、今までにない最先端のサウンドに加え、踊れるラッパーCRAZYBOY(ELLY)が満を持して初参戦、 進化し続ける彼らだからこそ表現できる新しい三代目 J Soul Brothersの可能性を感じられる楽曲。MVは三代目J Soul Brothersの新しい一面として、日本人固有の「和」を、現代のストリート系アート・ファッションと結合させて描く和モダン・ストリート~Japanese Street Brand~の世界となっている。 今回、作品を手がけた二宮”NINO”大輔 監督は「歌舞伎は、派手な衣装や一風変わった異形を好んだりすることを指した「かぶく」という言葉からきています。今回は、それを現代のエッジの効いたファッションと融合させることにより、三代目 J soul brothersとしての新しい一面を開拓し、また、それぞれの個性を際立たせることを意識しました。また、歌舞伎は、日本独自の伝統芸能であり、1600年代から400年以上、世襲で続いてきた文化です。今の三代目 J soul brothersも、EXILEや、今までのJ Soul Brothersの意志を継いだグループ。”LEGACY”を大切にする文化に共通項と必然性を感じ、今回この二つを融合させることにしました。」とコメント。 現代を生きる「J Soul Brothers」の意思を是非、感じてもらいたい。 『Feel So Alive』以外にも、第48回日本有線大賞を受賞、世界的DJ/プロデューサーのAfrojackとコラボで話題の『Summer Madness feat. Afrojack』と、第57回 輝く!日本レコード大賞を受賞した『Unfair World』の2015年を代表する楽曲2曲はもちろんのこと、大ヒット公開中の自身初のドキュメンタリー映画主題歌『Born in the EXILE』や江崎グリコ「ポッキー」CMソングで話題のTHE Sharehappi 『Share The Love』など新録曲を多数収録。 ミュージックビデオには、シングルでは未収録だった『starting over』、アパレルブランド「J.S.B.」と連動した『J.S.B. DREAM』など他にも初収録・初映像化多数収録予定だ。 また、初回生産限定盤(Disc-3)には、ごく一部の限られた人しか観ることができなかった、8/23大阪ヤンマースタジアム長居にて行われた「a-nation stadium fes.2015」のライブパフォーマンス映像を収録。ライブ映像として初収録の「Unfair World」も収録。ライブ映像が1本付いてくる豪華パッケージとなっている。 さらに、今回、オフィシャルファンクラブ及びモバイルサイトでCDを(予約)購入すると、希望のメンバーの『THE JSB LEGACY』オリジナル等身大ポスターが、全国のCDショップもしくはインターネット販売サイトで(予約)購入すると、『THE JSB LEGACY』オリジナル ポスターカレンダーが数量限定でついてくるとのこと。 ■ 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE / Feel So Alive