宇野実彩子&児嶋一哉 恋の駆け引き描く新曲『なろうよ』MVに2つの結末
AAAの宇野実彩子とアンジャッシュの児嶋一哉がタッグを組み、3/9より配信開始されるデュエットソング『なろうよ』のMusic Videoが本日より公開された。 Music Videoは、工事現場で働く女性・宇野と医師である男性・児嶋というギャップのある設定の男女が合コンで出会い、恋に落ちていくというストーリーになっており、誰もが一度は経験したことのある「合コン」という親しみやすい設定。二人の歌に合わせてカラオケ風に歌詞の色が反転して表示され、見ている方もデュエットしているような気分になってくる。 当初より、「懐かしいデュエットソング」を流行らせたいとの趣旨から、どういった歌詞、曲、内容になるかは注目の的となっていたが、見事に現代風の設定がマッチしたデュエットソングに仕上がったといえるだろう。 また、前後にはドラマのような2人のやりとりもあり、この2人がこの後、どうなっていくのか、恋愛ドラマを見ているようなワクワクする展開を感じることができる。さらに、MVの後半では、児嶋が宇野に「答えを聞かせて」と迫り、宇野が「ついていくね」と答え上手くいくパターンと、「また今度ね」とやんわり断られるパターンがあり、動画サイトでは宇野の2パターンの答えを視聴者が選べるという仕掛けも。 『なろうよ』は、普段から親交のある宇野と児嶋の二人が「いまの音楽シーンに懐かしいデュエットソングを流行らせたい!」という想いのもと作り上げていった楽曲。じれったくも甘酸っぱい大人の恋の駆け引きを描いたデュエットソングがこのMVで絶妙に表現されている。 「せっかくのデュエットなので、相手を意識しながら歌う楽しみを知ってほしいですね。わかりやすい言葉を並べているので、いろんなきっかけにしてもらえると嬉しいです。PVは合コンのシチュエーションで撮影したんですけど、そういう場じゃなくても、2人になりたい相手っていっぱいいると思うんですよ。だから、たとえば友達とも楽しく歌える歌だと思います。」(宇野実彩子) またこの2人のデュエット企画と累計出荷100万本を突破し最近話題のカラオケボイスドリンクとのコラボレーションも決定している。3/9から全国のカラオケボイスドリンク導入カラオケ店などで随時コラボポスターが掲示される。 気になる異性と一緒に歌うと相手の気持ちを探れたりもする!? そんなドキドキするような曲になっているので、これからの歓送迎会やお花見シーズン、気になる人と一緒にカラオケで歌ってみてはいかが。