和楽器バンド 世界最大規模のクリエイティブフェス「SXSW」に出演決定
和楽器バンドが、今年のグラミー賞にて最多ノミネートされたケンドリック・ラマーが過去に出演した、「SXSW Showcase by Live Nation」に出演することが発表された。 「SXSW」とは、世界中からクリエイターやイノベイターが集まり、音楽、映画、インタラクティブメディアを軸にして街中でライブやカンファレンスが行われる世界最大規模のクリエイティブ・ビジネス・フェスティバル。 「SXSW」での和楽器バンドの待望の初ライブは、「SXSW Showcase by Live Nation」として、テキサス州のオースティン、Red River & 6th Streetに位置するThe Des Moines Embassyにて開催される。 また、オリコン週間アルバムランキング1位を獲得したセカンドアルバム『八奏絵巻』の収録曲『暁ノ糸』が、アメリカ公共ラジオネットワーク (NPR=National Public Radio)での、”Austin 100:a SXSW 2016 Mix”に選出された。 NPRとは、イギリスでいうところのBBCで、テイストメーカーとしてアメリカで最も影響力があり、1000局以上の全米公共ラジオネットワークを経由して、週2590万人の地上波リスナーがいる一方、デジタルサイトは月間2560万人のユニークユーザーからのアクセスがあると言われている。 『暁ノ糸』は、「SXSW」に参加するアーティスト1800組以上の音源を、NPR制作プロデューサーが実際に全て聞いた上での100曲の中に選ばれた。その中から今回日本人アーティストで選出されたのは和楽器バンドのみ。 世界70数カ国から3万人に及ぶ音楽の目利きが集まる祭典で、彼らが最も信頼し音楽のトレンドを常に先取りし続ける全米屈指のリベラル・メディアNPRに「一押しアーティスト100選」として認めたれたことで、和楽器バンドの海外での注目度は今後更に上がっていくだろう。 今後の和楽器バンドにも期待出来そうだ。