NMB48矢倉へ秋山Pから「FUKAKUKA」提供か?
BS スカパー! で3月27日(日)午後4時30分から放送される「NMB48 のナイショで限界突破!~謎のうたワクワク発表会~」。 今回の放送では、『TOKAKUKA』などで話題とさらった、ロバート・秋山扮する新進気鋭の音楽プロデューサー・秋山Pが「オレがプロデュース するから曲を作れ!」という指令に出演者が 2 チームに分かれて挑戦。お題をクリアするため、ロバート・山本博率いるNMB48メンバーは大阪で、ロバート・馬場裕之率いるNMB48メンバーは京都で歌のネタ探しを行う。 素材を持ち寄り、秋山Pが曲を完成させ、それぞれのチームが発表会で披露、実際に会場に集結したファンがどの曲が良かったかジャッジをした。一番ファンの心をつかんだ曲は、番組のエンディングソングとしてオリジナルMVとともに放送される。 この日、公開収録後にロバート、NMB48から岸野里香、太田夢莉、矢倉楓子が取材に応じた。 秋山Pは「プロデューサーということで、曲を作ってくれというオファーでついにヒットメイカーの仲間入りをしたなと」と話せば、一緒に進行をした岸野も「秋山Pとの関係も楽しみにして下さい」という意味深な発言。 これには秋山Pも「二人のやり取りが面白いんですよ!」と自画自賛モードに。 矢倉は「わたしは以前から秋山さんの『TOKAKUKA』が大好きでした!」「大天才です!」とべた褒め。これに気を良くした秋山Pは「『FUKAKUKA』を提供する」とまさかのサプライズ発言。果たして、NMB48矢倉への『FUKAKUKA』提供は実現するのか?