高橋みなみへAKB48込山が「15期生で世代交代のAKB48を引っ張っていきたい」宣言
「AKB48 SHOW!」(BSプレミアム)にて放送されている高橋みなみが様々なAKB48グループメンバーと一対一の対談をし、時には涙も流す名物コーナー「たかみな(前)総監督のお説教部屋」。 卒業が迫る高橋みなみが3月5日放送分で対談した相手は、AKB48込山榛香。仲が非常にいいという二人。高橋も「なんかさ…こんなに仲良くなると思わなかった」と話せば、込山も「えー!うれしい。私も思いませんでした。だってもう、雲の上の存在だったから」「挨拶していいのかなと思ってました、逆に」と初めは非常に距離があったようだ。仲良くなったのは番組で込山が激スベリをした際に楽屋で泣いている込山に高橋が「よくわかんないけど私は、コンビニで買ったアイスを半分『食べる?』って」と話しかけてあげたことで急接近したんだとか。今では込山も「一番好きな人ですもん」とデレデレになっているという。 しかし、話は総選挙での自分のポジションについて込山が話し始めると涙。速報でランクインしながらも結局は本番で順位を下げたことで「みんなの期待とか喜びを全部私が裏切ってしまったんじゃないかなと思って」と悩んでいたという。そんな込山は総選挙の時に高橋がスピーチした「がんばってる子が報われてほしい」という名言に励まされ「嬉しかったです」と話す。 最後に、込山は今後について「15期生でこれから世代交代のAKB48を引っ張っていきたいなって思います」と意気込みを語り、高橋を喜ばせた。 写真(C)AKS