森下悠里「平均Gカップの5人と混浴気分」味わって
鹿児島読売テレビで放送されていた「〇〇温泉女子部」がDVD化されることとなり、「一ノ湯」「二ノ湯」「三ノ湯」の3タイトル同時で3月2日にリリースされる。発売を記念したイベントが秋葉原ソフマップアミューズメント館で行われ、手島優、森下悠里、今野杏南、岸明日香、橘花凛が揃って登場した。 手島は「5人の面白さとセクシーさがぎゅっと詰まっているので、お疲れ気味の方に見てほしいかなと思います」と微笑み。森下も「確かにー」と笑った。その森下は「5人のバストの平均がG?カップの大きなお胸で温泉に浸かりながら、混浴してる気分で楽しんでもらえれば」とさすがのセクシーアピール。今野は「鹿児島の温泉とおいしいごはんをいっぱい紹介しているので、これを見ればいますぐ鹿児島に行きたくなると思います!」、岸は「お仕事で行ったんですけど、プライベート感が満載で、カメラ忘れて自由なことしてたり。あとみんなが恋愛したらこんな感じなんやとちょっとそわそわしながら見てほしいです」とアピールした。さらに一番末っ子的存在の橘花は、最年長の手島のことを「いちばん弾けてたと思います!」と暴露。「あははは!ほんとにー!?」とリアクションする手島に「常にこんな感じでー」と話すと、「盛り上げてたのー!」とバラエティー番組でも百戦錬磨のテクニックを駆使したんだと訴えた。 岸は九州男児について「いいんですよね。誠実な方が多くて、東京にもこういう人いたらなあと思いながら、鹿児島にいる時だけでも恋してました」と街も男性もたいへん気に入ったようすだった。それには今野も「「九州男児と旅館で一泊」で小説のネタにします」と創作意欲が沸いて?来たようだ。 森下は「遠く離れた鹿児島でというのが、ちょっとエロチックかなあって思うんですけど、いろんな男性も出てくるので、自分のタイプを探してバーチャル恋愛も楽しんでほしいですね。撮影中けっこうポロリしてまして、温泉で優ちゃんが泳いだりするからあ。ぷるんぷるん言わせてました」と暴露していた。