欅坂46 愛知県コンビ平手友梨奈、鈴本美愉が苗字で呼び合う理由
各媒体から引っ張りだことなっている乃木坂46の姉妹グループ欅坂46。本年初となるイベント「新春! おもてなし会」が、1月16日と17日の2日間にわたり開催された。今回のイベントではメンバー21名が放送部、美術部、音楽部、演劇部、ダンス部、書道部のいずれかに属し、グループごとにパフォーマンスを披露。石森虹花、齋藤冬優花、土生瑞穂の3人とともにダンス部に抜擢された平手友梨奈と鈴本美愉は、オリジナルダンスに挑戦し、会場を沸かせた。今回は、そんな2人のツーショットグラビアを「FLASHスペシャル グラビアBEST2016早春号(光文社刊)」で完全撮り下ろしだ。 ―ダンス部に選ばれてどうでした? 鈴本 踊ることは前からすごく好きなので、練習してるときとかも、ダンスで頑張ることがすごく楽しかったです。 ─ダンスは得意? 2人 う〜ん…(笑)。 平手 でも鈴本はうまいですね。 ─お披露目のときのダンスは、相当練習したんですか? 平手 はい(笑)。 鈴本 すごく短期間のなかで完成させなきゃいけなかったので、大変でした。 平手 メンバーを見て焦りを感じたんですけど、5人でやれてすごく楽しかった。なんか一日おきにみんな何かしら成長してて、“すごいなー”と思って。 ─平手さんだけダンス経験者じゃないんですよね。 平手 ないです。チアとバレエは一応あるんですけど。バレエは6歳から11歳くらいまでやってました。 鈴本 でも、平手はすごくうまいです。いや、私よりうまいと思います! ─「おもてなし会」は緊張しました? 平手 ノリで乗り切りました(笑)。 鈴本 すごい緊張したけど、いちばん達成感がありました。 ─お互い苗字で呼んでるんですね。最初からそうなんですか? 平手 最初は「みゆちゃん」。 鈴本 私は「平手ちゃん」。 平手 ちゃんがなくなって…(笑)。 鈴本 ちょっと、いま思うと気持ち悪いです(笑)。 ─きっかけがあったんですか? 鈴本 心を開いたのかな?(笑)。あ、でも平手ちゃんって呼んでほしくないって言われました。 平手 平手がいい、みたいな。“ちゃん”がヤダって言いました。 ─みんな呼び捨て? 鈴本 おだなな(織田奈那)は「ゆりな」で、よね(米谷奈々未)は「てち」って呼んでます。 平手 みんなバラバラですね。 欅坂46の平手、鈴木二人の特別ショットは「FLASHスペシャル グラビアBEST2016早春号(光文社刊)」にて。絶賛発売中!