最高齢は61歳!エロすぎるジャズピアニスト・高木里代子の“おじさまフェチ”告白に「夢を見させていただきました」
高木里代子が自身のおじさん好きを告白し反響を呼んでいる。 3月3日にオンエアされたTBS系「アリよりのアリ~理想の男女をビジュアル化~」に出演した高木は、“エロすぎるジャズピアニスト”の名にふさわしい、自慢のEカップバストを強調した衣装で登場。 番組では、用意された50名の男性の中から好みの男性を絞っていったが、高木が最もタイプだと選んだのは50代の普通の「おじ様」。意外な好みにスタジオは驚いたが、選んだ理由を「たれ目が可愛い」「包容力がありそう」「ガツガツしてなくてゆっくりお話しできそう」などと話し、自身の“おじさまフェチ”を隠すことなく告白した。 さらには、自身がこれまで付き合った男性の最高齢は61歳と男性遍歴を明かすなど、高木のおじさま好きは「番組史上最大の衝撃」とされた。 すると、世の中のおじさま方には感動を与えたようで、視聴者からは、 「夢を見させていただきました」 「是非とも 一度ピアノライブにお伺いしたい」 「現代のヴィーナス」 「次はMステで見たい」 と、高木の発言に勇気づけられたと思われる賞賛のコメントで溢れた。 尚、「是非とも 一度ピアノライブにお伺いしたい」という方は、実際に足を運んでみてはいかがだろうか。もちろん、ライブ前にはメジャーデビューアルバム「THE DEBUT!」のチェックを忘れずに。