SKE48宮澤佐江卒コン前夜祭、新曲続々初披露
SKE48は『みんな、泣くんじゃねえぞ。宮澤佐江卒業コンサートin日本ガイシホール』1日目公演を、3月 3日(木)日本ガイシホールにて開催。1日目公演は、前夜祭と題した SKE48のコンサートを行った。 オープニングは昨年公開された SKE48の映画主題歌『僕は知っている』で始まり、『コケティッシュ渋滞中』『ごめんね、SUMMER』『バンザイ Venus』『パレオはエメラルド』など、シングル楽曲を多数披露。今月末で卒業することを発表した山下ゆかりは、2014年・2015年と2年連続で SKE48リクエストアワーの2冠を制した『虫のバラード』を渾身の力で歌い上げ、山下の推し色である青いスティックライトに照らされた会場を魅了した。 また本日のコンサートでは、3月30日にリリースする SKE48最新シングル『チキン LINE』をはじめとする新曲を次々に初披露した。『チキン LINE』では、初選抜となった菅原茉椰を含む 17名でSKE48らしいパワフルなダンスパフォーマンスを披露した。同シングルの収録曲は、センターポジションのメンバーに大きな異変が起こった。チーム S『彼女がいる』はチームS副リーダーを務める3期生の矢方美紀が抜擢され、チームKⅡ『キスポジション』は7期生の小畑優奈が、チーム E『Is that your secret?』はドラフト1期生の髙寺沙菜がセンターに。そして、SKE48オフィシャルゲーム「SKE48 Passion ForYou」の選抜メンバーによる『望遠鏡のない天文台』は1期生の大矢真那がセンターを務め、異例の大抜擢となったセンター発表で会場を沸かせた。合わせて、AKB48最新シングル『君はメロディー』(Type.A)に収録されている SKE48楽曲『Gonna Jump』も初披露。こちらもセンター大抜擢となった7期生の後藤楽々を中心に、弾けるパフォーマンスで会場を盛り上げた。 最後に明日のコンサートに向けて、宮澤から「いよいよ最後ですが、みんな。泣くんじゃねえぞ!」とタイトル通りのコメントをし、1日目のコンサートを終えた。 (C)AKS