紗栄子「纏っているのはシューズのみ」鮮烈なキービジュアルが話題に
紗栄子がリーボック(Reebok)とコラボしたウォーキングシューズ「イージートーン(EASYTONER)」の新作モデル、「イージートーン 紗栄子エディション」が3月1日に発売され、これに伴い同日、ファンを招待した限定の発売記念イベントを都内で開催した。 紗栄子の美しいボディーは公開とともにネットでも常に注目の的になっているが、この商品発売に合わせ、イージートーン以外何も身につけずに、その美しい身体を披露しているキービジュアルが全国の店頭、リーボックの公式ウェブサイトに登場。早くも大きな反響が巻き起こっている。 同イベント内では「潔く、凛とした女性を演出したいねって話していて。そうしたら『何も身にまとっていなくて、シューズだけ履いている』というビジュアルを提案いただいて。かっこいい感じになりそうって思いました」とこのビジュアルを撮影するに至った経緯についてコメント。 またイベントでは撮影中のエピソードや、美容に関して気を付けていることなどに関して話したあと、ファンへのポスターお渡し会も行われた。 今回のコラボレーションは商品化までに2年弱の歳月を経て、”日常に可愛く、オシャレに履けるシューズ”をテーマに紗栄子自身が素材やカラーなど細部に至るまで開発プロセスに参加したという。 「皆様にお披露目するのに2年弱の歳月がかかってしまいましたが、それだけこだわって作った商品なので、皆さんに気に入っていただけたらうれしいです」とコメントしている。 キービジュアル、新作シューズともに注目だ。