指原莉乃 NGT48エース加藤美南の一言に感心する
「HKT48 VS NGT48 さしきた合戦」(日テレ系)が放送され、HKT48、NGT48のメンバーがカワイイ一言で争った。 今回、カワイイ一言に息切れが加わった「息切れカワイイ選手権」を開催。 メンバーたちはサンドバックを100回叩いて息切れをしてからカワイイ一言を披露した。 可愛らしい私服で登場したメンバーたち。トップバッターはHKT48松岡はな。テーマは「内緒で旅立とうとする彼を100回叩いてカワイイ一言」。松岡は「帰ってきたら一緒に……行ってらっしゃい」と一言。一緒に何をするか言わないで送り出すことで「早く帰ってくるかなあ」と考えたという、なかなかの策士ぶり。 続くはHKT48神志那結衣。「色んな意味でドキッとするようなコメントをしようかな」というが「恋の片道切符だぞ」という若干、わかりづらい一言となってしまった。 NGT48を引っ張るエースである加藤美南は、体力がないのかサンドバック叩きでヘロヘロ状態で「帰ってきたら罰としてたくさんデートしてもらうんだからね」と一言し大絶賛。指原、北原里英からも「一番趣旨を理解している、すごいドキドキした」と太鼓判。 次なるシチュエーションは「引越し業者になって上京したての男の子にカワイイ一言」という難しいもの。5キロのダンボールを7個運んでから一言となる。対決はHKT48宮脇咲良vsNGT48山田野絵。指原も「山田と咲良なら咲良のかわいい言葉が聞きたいよ。わかっている山田?」とプレッシャーを掛けられる。結果、圧勝で山田。最終的には言い切れないグダグダな展開に。加藤からも「恥ずかしいです」と辛辣なコメントが。 次はHKT48今村麻莉愛、NGT48村雲颯香。身長の小さい今村はダンボールをやっと運べるほどで不利な状況。結果、思った通りに圧勝の村雲は「疲れたからここ泊まってもいい?」と衝撃の一言。しかしここで何故かゲームに負けて権利のない今村も「寂しいなら麻莉愛が一緒に寝てあげる」と可愛らしい一言。 番組後半の「食少女」ではHKT48冨吉明日香、駒田京伽、坂口理子が卒業について語り合うなど見どころ満載だった今回の「HKT48 VS NGT48 さしきた合戦」。次回も見逃せなそうだ。 写真(C)AKS