小嶋陽菜メンバーのワキ毛「見たい」グラビアはノリノリで脱いでる
2月29日深夜放送の「有吉AKB共和国」(TBS系)は先週に引き続き「有吉NMBラジオ局」の後半戦。メンバーは市川美織、渡辺美優紀、木下春奈、薮下柊、日下このみ、植田碧麗の6名。 番組は開始早々「木下春奈はグラビアの仕事がきらい」という、ぶっちゃけトーク展開。 木下はグラビア撮影について「なんでこれ脱がないとアカンねやろって思っちゃって、楽しくなかったんですよね」「これ別に服着て撮影したほうがいいんじゃないの?」と赤裸々本音トーク。 有吉から「水着になる意味はあるしね」「興奮する」「見て嬉しい人がいっぱいいる」とフォローが入るも、薮下が「カメラマンさんがたまにムカつきます」「笑いたくないのにもっと笑ってよとか」「カメラの奥をもっと奥の奥までちゃんと見つめて?うっさいなー!」と続くなどハラハラな展開に。 この流れを断ち切ったのは多くのグラビア撮影に挑んでいる小嶋陽菜。「私、グラビアが一番好き」「ノリノリで脱いでる」とまさかの「ぶっちゃけ返し」で木下から「自分をアピールする場だと思って、ハイ頑張ります」との言葉を引き出した。 とは言え、続く「トレビア~ンな豆知識」も引き続きハラハラな展開で、テーマは「木下春奈はLINEを盗み見して、さらに流出させた」というもの。 これには有吉も「お前だったのか」と“なにかの騒動”を連想したようだが、木下は「知り合いじゃないです」「それ、私やったらヤバすぎでしょ」「あの方たちじゃなくて」と流出対象が弟であることを告白。 中2の弟に彼女が出来たという情報の真偽を確認するため、木下三姉妹が弟の寝ている隙にケータイを取りに行き、木下自らが弟の野球チーム背番号というパスコードを解読。 そこに彼女とのLINEを発見すると、「結構なんか“好き”とか言い合ってて」「三人で見てキモいな~って次の日、お父さんとお母さんの前で全部バラしました」と驚愕のイタズラエピソードを暴露。 この暴露にはメンバーや有吉から「可哀想」との言葉が口々にされたが、当の木下は「弟はガチ切れしてました」「こんな姉を三人もった弟はしょうがない」と笑顔で応えるなど小悪魔な一面を魅せた。 更にハラハラ展開が続くトレビア~ンな豆知識、次なるテーマは市川美織の“ワキ”に関するもの。 薮下から「みおりんね、言っちゃうんですけど、ワキ毛めっちゃボーボーなんですよ」「この見た目でめちゃ毛深くてボーボーなんですよ」「この前公演の時にワキ毛がボーボーのまま踊ってて」との暴露があると、市川も「そこは触れちゃいけないゾーンだったのに」と当初は消極的だったが、次第に「確かに夜中剃っても、次の日の昼には絶対生えてますね」「ちゃんとその日も剃ったんです」と本音をぶっちゃける形に。 有吉からは「公演の数分前にやらないとダメね」「永久脱毛」といったアドバイスが入るも、これを打ち消したのがまたも小嶋。 「(永久脱毛)しないで欲しい!見たい!」とまさかの展開に。 市川も「ワキ毛ボーボーアイドル?」「ちょっと、じゃあ伸ばして」と2割ほど本気にしかけたところで「やめなさい!」と有吉からSTOPが。 この流れが物語る通り、今回の「有吉NMBラジオ局」はNMBメンバーの暴走をなんとか有吉がなんとか食い止めるという制御不能な展開。 次の機会にはNMBメンバーがどこまで「ぶっちゃけトーク」で暴走してしまうのか、今からハラハラが止まらない! 写真(C)AKS