マンウィズ 5匹がスノーモービルで登場!スキー場で初のライブ
2月11日に、大阪・道頓堀川にて決行されたゲリラ的フリーライブが記憶に新しいMAN WITH A MISSION。 2月10日にニューアルバム『The World’s On Fire』をリリースしたばかりの彼らが、28日、今度は自身初となるスキー場でのフリーライブを決行した。 このライブは、星野リゾートアルツ磐梯スキー場にて開催された『CHANNEL SQUARE冬祭り Supported by 星野リゾートアルツ磐梯』の一環で、MAN WITH A MISSIONがライブアクトとして出演したもの。 震災後、福島の子供達を応援しているCHANNEL SQUAREと福島のスノースポーツシーンを応援するアルツ磐梯がタッグを組んだこのイベントにMAN WITH A MISSIONが賛同し、世界初のオオカミによるゲレンデライブが実現となった。 日本全国から約8,000人のファンが駆け付け、晴天のゲレンデ野外特設ステージで15時よりMAN WITH A MISSIONのライブがスタート。 SEが流れ、ステージ袖からメンバーが現れると思いきや、なんとメンバー5匹スノーモービルに乗って登場。大歓声に包まれステージにあがる。 冒頭から人気楽曲『FLY AGAIN』を披露し、極寒の雪原が一気にライブハウスと化した。最新アルバムからの新曲も多数披露されたが、MAN WITH A MISSIONのメンバーがスノーボードで雪原を駆け巡るミュージックビデオがお馴染の「TAKE ME HOME」や、『JR SKISKI』のCMソングとして、今冬のウインターシーズンの象徴的な楽曲にもなった「Memories」等、雪原でのライブに相応しい、スペシャルなセットリストが印象的なライブとなった。 またライブ以外にも、ヴォーカルのTOKYO TANAKAがサプライズでスノーボーディングを披露。集まった人の目線を釘付けにする、さすが究極の生命体と言える腕前であった。 MAN WITH A MISSIONは今後、3月15日のZepp Tokyo公演を皮切りに、日本全国のライブハウスでのリリースツアー「The World’s On Fire TOUR 2016」がスタートする。 ※Photo by Daisuke Sakai (FYD inc.)