SuG 過激すぎてオンエア不可となったMVフルを期間限定公開
3月9日にメジャー初となるミニアルバム『VIRGIN』をリリースするSuG。そのリード曲『桜雨』MVフルが、期間限定で公開された。 『桜雨』MVは、“東京のシド&ナンシー”をテーマに刹那的な若いカップルの儚い恋愛模様を描いたドラマ仕立ての映像で、その過激な暴力シーンや性描写ゆえに地上波・CSでのフル尺オンエアが不可となった問題作だ。 SuGとしては初めてメンバー以外が主演を務めた作品で、ボーカルの武瑠は映像監督のフカツマサカズと組んで監督を務め、またスタイリングまで行うなど、“実演家”として以上に“作家”として深く携わった作品となっている。 主演は若手俳優の北村諒と、女性アイドルグループ・プティパ -petit pas!-の篠崎こころの二人。パンクな匂いのするカップル役を演じた二人は、両者ともに初となるベッドシーンにも体当たりで挑んでいる。 いま人気急上昇中の若手俳優と現役アイドルの共演に、先日Twitter限定で公開された予告映像は公開初日で6,000RT以上、再生回数11万回以上を記録するなど、大きな話題を呼んでいた。 また同時に、3月9日に発売される『VIRGIN』の全曲ダイジェストも公開された。オルタナにディスコ、ポップス、ミクスチャーからハードコアまで雑多な音楽性を取り入れ、本作のテーマである“初期衝動”や10代特有の危うさや青臭さといったモチーフを表現した、これまでのSuGの集大成にして新生SuGの誕生と呼ぶにふさわしい作品に仕上がっている。 こちらも漏れなくチェックしてほしい。