わーすたメジャーデビュー決定でHKT48指原を逆スカウト?
エイベックスのアイドル専用レーベル「iDOL Street」から第四弾として結成されたアイドルグループ「わーすた」初となるワンマンライブが渋谷・クラブクアトロで開催されたが、ライブ開始を前にメンバーの坂元葉月、廣川奈々聖、松田美里、小玉梨々華、三品瑠香が揃い、報道陣の囲み取材に応じた。 リーダーの廣川奈々聖は「もうすぐ1周年、みなさんに応援してもらって一歩ずつ前に進んだ結果、この日を迎えられました。大きなライブハウスで長さも初めての経験なので、必死なところもあるかもしれませんが、最高の思い出にしたいと思っています」と意気込んだ。 そして5月4日にメジャーデビューが決まったことについては「周りの方々に感謝の気持ちでいっぱいです。メジャーと言うことでひとつ上がるというか。今までの気持ちじゃやっていけないと思っています。もっとプロ意識を高く持って頑張っていきたいです」と語った。 メジャー第1弾はアルバム『The World Standard』となり、世界110か国での国と地域でも配信される。その中からリード曲である『うるとらみらくるくるアルティメットチョコびーむ』が披露された。芝居仕立てのユニークな振付けがキュートなアップナンバーだ。今回彼女たちのデビューに関し、楽曲、衣装、振付けのすべてを女性クリエイターが担当することも話題だ。 廣川といえば、昨年指原莉乃(HKT48)にスカウトされた逸話を持つが、当時を振り返り「「兼任じゃだめですか?」って返信したら、返ってこなかったのでやっちゃたかなと(笑)。兼任だめっぽいから、だったら指原さんこっち来てください!」と指原のわーすた兼任を要望した。 HKT48はライバルか?と聞かれ、メンバーから「言っとかないと」と背中を押された廣川は「倒します!」と笑顔で宣言。「同じ博多出身なので、押し倒すぐらい頑張ります」と意気込んだ。また「ももクロさんとは、曲調とか色分けとか、メンバーも5人など共通点が多いので意識しますけど、まだまだ遠い存在」と語ったが、同じ「iDOL Street」のSUPER☆GiRLSについては「いやあ、もちろんですよ!GEMさんもチキパさんも軽く(追い抜く)(笑)」と余裕の表情で冗談めいてはしゃいでいたが、その闘志はほんもののようだ。