AKB48横山由依 獲得した”屈辱の称号”が圧勝すぎでヤバい
23日放送「ロンドンハーツ」の「私服センスなし女 No.1決定トーナメント」にAKB48総監督の横山由依が参戦した。 メンバーは安藤美姫、大久保佳代子(オアシズ)、オカリナ(おかずクラブ)、片岡安祐美、NANA(MAX)、春香クリスティーン、弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー) と初参戦の多い布陣。審査員は、梅宮アンナ、大石参月、小木博明(おぎやはぎ)、栗原類、益若つばさが厳正なジャッジを行う。 初戦は春香クリスティーンと対戦。「デニムコーデで青山デート」をテーマに、高橋みなみ前総監督からもらったロックバンド「KISS」のトレーナーと田中将大からもらったキャップと”もらいものコーデ”で挑戦。小木から「バックの紐の長さが嫌い」や、大石から「トレーナーとバックが合わない。全部が散らかってる」と散々。益若には「青山にデートに行くならまずKISSは選ばない」と一刀両断。横山は「おじさんなら喰いついてくれる」とアピールも空しく満場一致で横山が負け残り。 そしてオカリナとの準決勝。テーマは「柄×柄 オシャレ雑誌で春の私服公開」。車柄とチェック柄を合わせてきた横山は「がちゃがちゃしてなくて良い」と高評価を受けるも、益若から「バックが無難すぎる」小木からは「カバンの紐を短くしたのは良いけど、子供みたいな靴下嫌い」、大石からは「もう少し遊びが欲しい」と最終的にボコボコに言われてしまった。一方、オカリナは小木から大物デザイナーに見えると言われ、梅宮、大石、栗原に囲まれて上機嫌。大石からは「すごい可愛い」と褒められ雲行きが怪しい。注目の判定はなんと現役アイドルが女芸人に負けるという大波乱。横山が決勝に進出してしまった。 常連大久保と、”部屋着”勝負で再び選ばれてしまったオカリナとの”ダサい女王”を選ぶ三つ巴の戦い。テーマは「ピンクが似合う女性の授賞式」。横山の衣装を見た小木は「ディズニーで働いてる?受賞式なのに主役感がない」、梅宮には「地味」と言われてしまった。しかし、相手は大久保とオカリナ。まさかこの中で”私服センスなし女王”に最強アイドルグループAKB48が選ばれるわけはないと思われていた。結果は大石が大久保を選んだほかの梅宮、益若、栗原、小木が横山を選び、なんと「私服センスなし女 No.1」の称号を圧勝で獲得した。横山は「ほんとそんなつもりで来てないんですよ」と呆然。常連の大久保に「テーマに会ってないところが”みすぼらしい”」、益若からは「ほかの人はおしゃれを楽しんでいるようだけど、横山さんは無難で負けてるからヤバい」と言われ放題の屈辱の称号を手にしてしまった。 写真(C)AKS